2020凱旋門賞エネイブル敗れる!今後は?伏兵ソットサスが優勝!

スポーツ

凱旋門賞が引退レースと言われていたエネイブル(牝6)が出走しました。オッズも一倍台と圧倒的な人気となっていましたが、残念ながら直線伸びきれず6着となりました。

日本からはディアドラ(牝6)が出走しましたが、8着。勝ったのはC.デムーロ騎手騎乗の5番人気のソットサス(牡4)でした。

なお、武豊騎手が凱旋門賞に騎乗する予定だったジャパン(牡4)を始めとするA.オブライエン厩舎の4頭が薬物検査で陽性となり、出走取り消しとなりました。

そのため、武騎手の騎乗も見ることが出来ず残念でしたね(^^;


凱旋門賞エネイブルの状態はどうだったのか?


パドックでも柔らかな歩様で状態は良いと言われていました。トモの張りも良く、恥ずかしい競馬はしないでしょうとも言われていましたね。

スタートは良かったのですが、逃げ馬不在で一団となった4,5番手を追走し、最後の直線で追われるも、いつもの伸びが無く6着となってしまいました。

重馬場も影響したのではないかとの声もありますし、最後の直線でも不利があったことも考えれば、まずは無事にレースを終えてくれて良かったのではないでしょうか?

今後は繁殖に上がる予定とも言われていますので、子供たちに期待したいですね!


凱旋門賞エネイブルの結果にネット上の反応は?

エネイブルはパドックでも良い状態に見えたし、圧倒的な一番人気となっていたように、多くの方の支持を集めていました。

6着の結果に残念な声が多いですが、今までの戦績を思えば、称えられるべき名牝ですからね。

 

凱旋門賞日本馬ディアドラの結果は?

ディアドラはスタートが一息で最後方からのレースとなりました。

道中もずっと最後方を追走、最後の直線で内に切れ込んで行きました。一瞬、伸びかけて「おっ!?」と思いましたが、馬場も重く前残りの競馬でしたし、伸びきれませんでした。

ディアドラは去年の3月からはずっと海外を転戦し、ナッソーS(G1)を制しています。

今後のことはまだ未定のようですが、まずは無事に走り切っていますし、しっかりとケアしてもらってほしいですね。

一口馬主をやっている身としては、いつか凱旋門賞に出走するような馬に出資したいものです(^^♪

 

凱旋門賞エネイブルの今後について陣営のコメントは?


馬主であるアブドゥラ殿下直々のコメントではありませんが、代理人が会見されました。

引退レースと言われていましたが、今後どうするかについては未定のようですね。
状態を見てから決めるようですが、6歳の牝馬でありますし、繁殖のことを考えると時期的には引退となる可能性がやはり高いでしょうか?

続報を待ちたいと思います。

 

2020凱旋門賞エネイブル敗れる!今後は?伏兵ソットサスが優勝!まとめ

戦前の予想では、エネイブルが凱旋門賞3勝目を挙げるのではないかと期待され、圧倒的一番人気に押されていました。

パドックでも状態も良さそうでしたし、レースではスタートも良く、道中も良い感じで進められていたかと思われましたが、馬場状態も悪く、不利も影響したのか結果は6着(^^;

馬場が良かったらとか、不利がなければとか言い始めたらキリがないですが、これも競馬ですし、勝ったソットサスとC.デムーロ騎手を称えたいと思います!

本当におめでとうございます(^^♪

アイキャッチ画像リンク元:herry wibisonoによるPixabayからの画像



タイトルとURLをコピーしました