モスバーガー真鯛カツはいつまで販売?再販はある?カロリーや口コミも紹介!

グルメ

2021年5月20日(木)から、モスバーガーで「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ〈愛媛県愛南町〉」が数量限定で販売されることになりました!

モスバーガーでは、

昨年の新型コロナウイルス感染症の拡大以降、出荷量が減少傾向にある産地や生産者への応援を目的に、地方食材を使った商品企画や農家への販売サポートなどに取り組んでまいりました。(中略)新型コロナウイルスの影響で出荷量が落ち込む愛媛県愛南町で養殖された真鯛を使用した商品を全国で販売します。

引用:モスバーガー公式HP

上記のような取り組みを続けられています。

今はどの業界も大変な状況ですが、飲食店やそれを裏で支えている業者など、同じ業界の方々を助けようする取り組みは、本当に素晴らしいと思います。

今回は、「日本の生産地応援バーガー真鯛カツ」の販売はいつまでなのか、カロリーや口コミなどをご紹介していきます。



モスバーガー「真鯛カツバーガー」とは?

愛媛県愛南町で養殖された真鯛を使用した日本の生産地応援バーガーの真鯛カツバーガー。

上記のツイートにあるように、真鯛カツを2枚も使ったボリューム満点のバーガーとなっています(^^♪

「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」は、バンズにグリーンリーフと千切りキャベツ、カリッと揚げた真鯛カツを贅沢に2枚のせ、その上にモスオリジナルのレモンタルタルソースをたっぷりとかけたもの。

愛南町で水揚げされた真鯛は、上品な脂のりときめ細やかな身質が特徴で、白身魚の風味や美味しさを楽しめるよう、真鯛カツを活かす味付けに。刺身に使われるほどの身が引き締まった真鯛は、店舗で揚げることでふわふわの食感に仕上がるそう。

引用:アスキーグルメ

愛南町の真鯛の特長を見ると、「刺身に使われるほど身が締まってる」とあり、それをバーガーの具として使うのは、本当に贅沢ですよね。

しかも、それを油で揚げると、ふわふわな食感に仕上がるというのも、気になります!

さらに、レモンタルタルソースをたっぷりと使っているそうですが、タルタルソースというと濃厚でクリーミーなイメージがあります。

しかし、レモンを使っていることからさっぱりと味わえるのは良いですよね(^^♪

  • 発売日:2021年5月20日(木)
  • 価格:530円(税込)
  • 販売店舗:一部を除く全国のモスバーガー各店舗

真鯛カツバーガー「期間限定」ではなく、「数量限定」で販売されます。

無くなり次第販売終了となりますので、早めに購入しましょう!



モスバーガー「真鯛カツバーガー」の販売はいつまで?

真鯛カツバーガーの発売日は、2021年5月20日(木)となっていますが、いつまで販売か気になりますよね?

先ほどもちょっと触れましたが、「数量限定」となっているので、無くなり次第終了となります。

ちなみに「100万食限定」となっています。

また、現在発売されている「クリームチーズベジ~北海道産コーンのソース~」は、2021年4月1日~5月中旬までの期間限定品。その入れ替わりに「真鯛カツバーガー」が発売されるようですね。

それを参考にすると、今回の「真鯛カツバーガー」も一カ月半ほどになるかもしれませんが、期間限定ではなく、数量限定ですので、それよりも早く終了する可能性もありますね。

しかも、「真鯛」を2枚も使ったカツですから、人気も出そうです。

なので、発売されたら、できるだけ早めに購入した方が良いかと思います!



モスバーガー「真鯛カツバーガー」売り切れで再販はある?

「真鯛カツバーガー」数量限定商品ですが、売り切れとなった場合に再販はあるのでしょうか?

過去には、人気となった限定商品で再販されたり、レギュラーメニュー化した商品もあります。

しかし、今回の「真鯛カツバーガー」は、「日本の生産地応援バーガー」となっていますし、無くなり次第終了との発表がありますので、再販となる可能性は低いかもしれません

ただ、人気商品となれば、すぐに再販はなくても、また産地応援バーガーの第2弾として「復活」があるかもしれません。

また、愛南町の「真鯛」は、以前メディアでもコロナで行き場がなくなったとのニュースがあったように、個人向けにオンライン販売も行っています。

愛南漁協オンラインショップ

ですので、産地応援バーガーを買って応援してあげたいですね!

↓ふるさと納税でも産地を応援できます。

モスバーガー「真鯛カツバーガー」のカロリーは?

真鯛カツとハンバーガーという珍しい組み合わせの「真鯛カツバーガー」ですが、カロリーも気になりますよね。

まだ発売前なので、カロリーは発表になっていません。

そこで、同じく魚介系のバーガーであるフィッシュバーガー海老カツバーガーを参考に見てみましょう。

  • 海老カツバーガー:405kcal
  • フィッシュバーガー:385kcal

それぞれのカロリーは上記のようになっています。

どちらも魚介のフライ+タルタルソースという点で「真鯛カツバーガー」と同じです。

ちなみに、「鯛」良質のたんぱく質が多く、脂肪が少ない魚と言われています。

しかし、今回はカツを2枚使っていることを考えると、400~430kcalくらいになりそうです。

正式に発表されたら、追記したいと思います。

【追記5/20】

カロリーは394kcalとなっています。

予想していたより、少し低めとなりました。

ちょうど海老カツバーガーとフィッシュバーガーの中間くらいですね。



モスバーガー「真鯛カツバーガー」の口コミ・評判は?

【追記5/22】

発売されてから3日経ちましたが、食べた方々の評価はどうでしょうか?

口コミを見ていきたいと思います!

発売前から期待の声が大きかった「真鯛カツバーガー」

実際に食べた方々の評価も非常に高いですね(^^♪

「真鯛カツ」は、衣はサクッとしていて厚みもあり、鯛そのものはフワッとした食感。

そして、「レモンタルタルソース」との相性も抜群のようです!

これは是非食べておきたい一品ですね(^^♪

既に売り切れの店舗も出てきていますので、食べたい方はお近くのモスバーガーへお急ぎください!

数量限定ですので、無くなり次第終了となります。

まとめ

今回は、モスバーガーが数量限定で販売する「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ〈愛媛県愛南町〉」をご紹介してきました。

  • 販売期間:2021年5月20日(木)~無くなり次第終了(100万食限定)
  • 販売店舗:一部を除く全国のモスバーガー各店舗
  • 販売価格:530円(税込)
  • 再販:今のところ、再販情報はありません。
  • カロリー:400~430kcalくらいと予想

「真鯛カツバーガー」は、SNS上でも話題となっていますし、「食べてみたい」という声も多数あり、前評判も高いです。

なので、あっという間に完売してしまう可能性もあります。

完売してしまう前に、是非とも食べてみたい一品ですし、生産地の方を応援してあげたいですね!

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました