東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの日程やルールは?日本代表や出場国を紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

東京オリンピック2020で行われる競技に、「アーティスティックスイミング」というものがあります。

あまり聞きなれない競技名だと思う方もいるかもしれませんが、これはシンクロナイズドスイミング」の名称が変わったものです。

「シンクロナイズドスイミング」から「アーティスティックスイミング」へと名称が変わったのは2018年4月からなので、まだ3年

水中での数々の素晴らしい演技は、私たちを魅了してくれますよね(^^♪

各国のレベルも年々高くなっていっていますし、多くの方が楽しみにしていると思います。

また、日本代表「マーメイドジャパン」のレベルも高く、メダルの期待も出来ますので、注目の競技です!

そこで、今回はアーティスティックスイミングについての日程や基本的なルール、そして日本代表メンバーや出場国などをまとめてみました

是非、参考にしてみて下さいね!

東京オリンピック2020アーティスティックスイミングとは?

まずは、アーティスティックスイミングとは何なのか、競技の概要をお伝えしていきましょう!

東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの概要

アーティスティックスイミングは、音楽に合わせてプールの中で様々な動きや演技を行い、技の完成度や同調性、演技構成、さらには芸術性や表現力を競い合う競技です

オリンピックでは女子のみで実施されますが、世界選手権での男女混合ペアによるミックスデュエットや、日本選手権でもフリーコンビネーションに男子選手が初めて出場したことも話題となりました。

そして、実際の演技ですが、2分20〜50秒の曲に決まった8つの動きを入れる「テクニカルルーティン」と、3〜4分の曲の中で自由に演技するフリールーティン」の2つを行います。

東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの採点基準

採点は、1組5人の審判員が3組で行います。

テクニカルルーティンでは、1組が完遂度を採点し、もう1組は構成、音楽の使い方、同調性、難易度、プレゼンテーションを採点し、3組目はエレメンツ(5つの決まった動き)を採点する。主に規定の技の完遂度が高く、うまく同調しているかどうかが採点基準となる

フリールーティンでは、1組が完遂度、同調性、難易度を採点し、もう1組は構成、音楽の解釈、プレゼンテーションを採点し、3組目は難易度を採点する。演技時間は長く構成は自由だが、そこには高い表現力と芸術性が必要となり、ある意味テクニカルルーティンよりも難しい

出典:東京オリンピック2020公式

ちなみに、今回の東京オリンピックでは、2人1組の「デュエット」と8人1組の「チーム」の2種目が行われます

知っている方もいるかと思いますが、以前は「ソロ」もありましたね。

また、技術と同時に美や芸術性も競う競技であるため、美しい装飾を施した特殊な水着で競技するのも特徴と言えます。

採点基準は「デュエット」も「チーム」も同じとなっています



東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの日程は?

アーティスティックスイミングの日程をご紹介します。

既に、8月2日(月)からデュエット競技は始まっていますが、以下の通りとなっています。

【女子デュエット】

  • 8月2日(月) フリールーティン予選 19:30~21:30
  • 8月3日(火) テクニカルルーティン 19:30~21:00
  • 8月4日(水) フリールーティン決勝 19:30~21:00(表彰式も含む)

【女子チーム】

  • 8月6日(金) カクニカルルーティン 19:30~21:00
  • 8月7日(土) フリールティン    19:30~21:10(表彰式も含む)



東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの競技の進め方は?

では、実際にどのように競技を進めて行くのでしょうか?

既に「デュエット」は始まっていますので、見ている方は分かるかもしれませんが、ちょっとおさらいです!

【デュエット】2人1組

【チーム】8人1組

競技の進め方ですが、東京オリンピックの場合は、

【デュエット】

2021年8月2日にのフリールーティン予選3日にテクニカルルーティンを行い、2つの演技の合計で上位12組が、4日のフリールーティン決勝に進む

最終順位は3日のテクニカルルーティンと、4日のフリールーティン決勝の合計点で決まる

出典:東京オリンピック2020公式

となっています。

フリールーティンは予選の1回と、決勝に残ればもう1回演技が出来ますが、テクニカルルーティンは1回のみの演技なんですね

ちなみに、【チーム】は、予選は行われませんので、6日のテクニカルルーティン7日のフリールーティン合計点数によって順位が決定します



東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの出場国は?

今回の東京オリンピックの出場国ですが、「チーム」には10組出場します

その「チーム」に出場する国は、「デュエット」にも出場が可能となっていますが、「デュエット」のみ出場という国もあります

それぞれの出場国を挙げておきます

「チーム」の出場国(デュエットにも出場)
  • 日本/開催国
  • ロシア/ヨーロッパチャンピオンズカップ
  • 中国/世界選手権
  • ウクライナ/世界選手権
  • イタリア/世界最終予選
  • オーストラリア/オセアニア(世界選手権)
  • カナダ/2019年パンアメリカン競技大会
  • スペイン/世界最終予選
  • ギリシャ/世界最終予選
  • エジプト/アフリカ(世界選手権)

※国名の右にあるのは今回の東京オリンピックへの出場資格です。

「デュエット」のみの出場国

  • アメリカ/世界最終予選
  • イギリス/ヨーロッパチャンピオンズカップ
  • イスラエル/世界最終予選
  • オーストリア/世界最終予選
  • オランダ/世界最終予選
  • カザフスタン/アジア(世界選手権)
  • コロンビア/世界最終予選
  • 南アフリカ/アフリカ(世界選手権)
  • フランス/世界最終予選
  • ベラルーシ/世界最終予選
  • メキシコ/2019年パンアメリカン競技大会
  • リヒテンシュタイン/世界最終予選

※国名の右にあるのは今回の東京オリンピックへの出場資格です。



東京オリンピック2020アーティスティックスイミングの日本代表選手一覧

今回の東京オリンピック2020の日本代表として選ばれた選手をご紹介しておきます!

【デュエット】

名前 生年月日 所属先
乾 友紀子(いぬい ゆきこ) 1990年12月4日 井村ク
吉田 萌(よしだ めぐむ) 1995年7月2日 ザ・クラブピア88

【チーム】

名前 生年月日 所属先
乾 友紀子(いぬい ゆきこ) 1990年12月4日 井村ク
柳沢 明希(やなぎさわ あかね) 1998年10月8日 アテナアクアメイツ
木島 萌香(きじま もえか) 1999年9月2日 井村ク
塚本 真由(つかもと まゆ) 1997年4月15日 東京ク
京極 おきな(きょうごく おきな) 2001年10月20日 井村ク
福村 寿華(ふくむら じゅか) 1996年6月6日 井村ク
安永 真白(やすなが ましろ) 1999年7月11日 井村ク
吉田 萌(よしだ めぐむ) 1995年7月2日 ザ・クラブピア88

日本代表「マーメイドジャパン」は、この8人で東京オリンピックでのメダル獲得を目指します!



まとめ

今回、「シンクロナイズドスイミング」から「アーティスティックスイミング」と名称が変更されて初めてのオリンピックとなります

以前から、日本は「アーティスティックスイミング」の強豪国として知られていますが、現在はロシが頭一つ抜けている印象があります

そして、ロシアに続くのが中国、さらにウクライナも台頭してきていて、日本も気が抜けませんね。

日本の特徴とも言える細かな足技やダイナミックなジャンプ、高さのあるリフトなど、見所もたくさんあり、他の国の様々な演技にも魅了されること間違いないと思います

前回のリオオリンピックでは日本は「銅メダル」でしたが、今回は自国開催ですし、さらに上を目指して頑張ってもらいたいですね!

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました