うまログ(旧タコル競馬)とは何者?やらせや嘘が本当なのかも調べてみた!

YouTuber(インフルエンサー)

皆さんは「うまログ(旧タコル競馬)」というYouTubeチャンネルをご存じでしょうか?

ゆうまさん、けんしろうさん、タコルさんの3人が出演するチャンネルで、主にレース予想や馬券を購入した結果をアップしています。

そんな「うまログ(旧タコル競馬)」ですが、Google等で検索すると「やらせ」や「嘘」といったサジェストが出てきます。

そこで今回は、「うまログ(旧タコル競馬)とは何者?やらせや嘘が本当なのかも調べてみた!」と題してお伝えしていきますので、最後までゆっくりとご覧くださいね。

↓競馬系YouTuberこちらにも注目!

 

スポンサーリンク



うまログ(旧タコル競馬)とは何者?

「うまログ(旧タコル競馬)」は、先ほどもちょっとご紹介したように、タコルさん、ゆうまさん、けんしろうさんの3人が出演していて、レース予想や馬券を購入した結果をアップしているチャンネルです

ですが、元々はタコルさん一人が馬券を購入して、その結果をyoutubeやTwitterに投稿していました。

その初投稿は2019年8月8日で、2020年1月5日から「競馬貯金企画」をスタートさせます。

有馬記念までに100万円を貯めるという企画でしたが、なんと3カ月で達成してしまったんです。

その他にも生配信やコラボ企画もあって人気に火が付き、徐々にチャンネル登録者数も増えて、約1年後の2020年9月には「6万人」を突破。

その後、2021年6月に「けんしろう」さんと「ゆうま」さんが加入し、今の「タコル競馬」へ繋がっています。

実は、2人が加入する半年ほど前から、タコルさんは「演者を採用して本格的にやりたい」とTweetしていました。

そして、その後の「演者募集」で、「けんしろう」さんと「ゆうま」さんが加わっています。

↓こちらが2人が加わった最初の「タコル競馬」の動画です!2人の自己紹介も兼ねていますよ

ちなみに、けんしろうさんはジョッキーになりたかったそうですが、体重が重く、競馬学校に入れなかったため、北海道の牧場や大井競馬場でのバレット、調教を専門に行う調馬師など合わせて10年ほど馬の業界の仕事についていたそうです。

また、ゆうまさんは、「亀井有馬」という名前(※本名です)で、舞台を中心とした俳優活動を行っています。

過去にZ会のCMにも出演していました。

このように、2人については顔や経歴が分かっていますが、タコルさんについては、顔や仕事に関しては詳細は分かっていません。動画内でも声と体しか映っていないですね。

「うまログ(旧タコル競馬)」は、そんなタコルさんとけんしろうさん、ゆうまさんからなるYouTubeチャンネルです

 

スポンサーリンク



うまログ(旧タコル競馬)はやらせや嘘は本当?その①

では、「うまログ(旧タコル競馬)」について、「やらせ」や「嘘」は本当にあるのか調べてみました

色々と調べてみたのですが、それを裏付けるものはなく、あくまでも「噂」としてそういった情報が流れているのかもしれません。

というのも、「うまログ(旧タコル競馬)」は、2021年4月に一度YouTubeの規約違反で収益停止処分を受けてしまっていたんです。

タコルさんは、収益停止処分に対して「異議申し立て」をしましたが、YouTube側からの返答は、やはり規約違反があったために処分は覆らないというものでした・・・

そのため、タコルさん1人で「うまログ(旧タコル競馬)」をやっていた当時の動画は、見ることが出来ません。

当時の「うまログ(旧タコル競馬)」は、負けていた状態から最後に大勝ちをするという動画が多く、それがギャンブル依存を煽る内容と判断され、規約違反となった可能性が高そうです。

そして、そういった編集や企画内容が、やらせ嘘っぽく見えてしまっていたのかもしれませんね。

さらに、新たに3人で再出発となった動画では、馬券が当たったシーンや払い戻しのシーンがよく映ります。

それに対して、当たった予想のみを買ったことにしているのではないか”と思われてしまっている可能性もあります。

地方競馬の回でも、最初は見ているだけで馬券を買わずにいるのですが、「次で勝負」といって馬券を買うと、見事に当たるというシーンがあります。

「うまログ(旧タコル競馬)」は、当たりすぎて逆に怪しいと思われ、こういったことも含め「やらせ」「嘘」といったキーワードが出てきてしまうのではないかと推測もできそうです。

 

スポンサーリンク



うまログ(旧タコル競馬)のやらせや嘘は本当?その②

「うまログ(旧タコル競馬)」では、アップされている動画が一定期間を過ぎると見ることができなくなっていることがあります

そのことに関しては、タコルさんがこんなコメントを動画内で仰っていました。

「Youtubeの仕組み的に、後から再生されない動画を残しているとアルゴリズム的に良くないので消している。」

このコメントは、2021年12月に行われた阪神ジュべナイルFの結果の動画でのものですが、既にこの動画も見ることはできません。

YouTubeでは、アルゴリズムに基づいてユーザーに動画が提案される仕組みとなっているため、アルゴリズムを意識した有益性の高い人気の動画が上位表示されやすくなっているんです。

タコルさんはそれを意識して、それほど視聴されていない動画を消すことで、

  • YouTubeの検索結果に「うまログ(旧タコル競馬)」の動画が上位表示される
  • YouTubeの様々な場所に「うまログ(旧タコル競馬)」の動画がおすすめ表示される

ことを狙って、チャンネル登録者数や動画視聴回数を伸ばす努力をしています。

ただ、今まで見れていた動画が急に消されて見ることができなくなってしまうと、「何か見せられない内容だったのか」と思われ、「怪しい」や「やらせ」や「嘘」といったネガティブキーワードが生まれてしまうのではないでしょうか。

他にも、JRAはYoutube等のメディア媒体に勝手にレース映像を上げることを禁止しているはずなので、その対策も兼ねている可能性もありますね。

※①、②は、あくまでも個人的な感想ですので、参考程度に見て下さいね。

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、競馬系YouTuberの「うまログ(旧タコル競馬)とは何者?やらせや嘘が本当なのかも調べてみた!」と題してお伝えしてきました。

「うまログ(旧タコル競馬)」とは

タコルさん、けんしろうさん、ゆうまさんの3人がレース予想や馬券を購入した結果をアップしたり、色々な企画にもチャレンジしているチャンネルです。

「やらせ」や「嘘」は本当?

色々と調べてみましたが、「噂」として流れているだけで、実際のところそれを裏付けるような事実は見つかりませんでした。

うまログ(旧タコル競馬)」は、とてもファンの多いチャンネルです。

予想や馬券を購入する過程だけでなく、純粋に3人が楽しんで競馬をしている様子も見ていて面白いと支持を受けています。

今後も、競馬系YouTuberとして、3人で盛り上げていってもらいたいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

 

タイトルとURLをコピーしました