東京オリンピック ブルーインパルスの見える場所や飛行ルートは?おすすめスポットを紹介!

イベント
スポンサーリンク

東京オリンピック2020の開会式(2021年7月23日)当日パラリンピック開会式(8月24日)当日に、ブルーインパルスが都内上空を飛行することに関して、航空自衛隊がその飛行経路(ルート)とスケジュールを発表しました

【ブルーインパルス】

『東京オリンピック競技大会関連』

  • 日程:令和3年7月23日(金・祝日)
  • 場所:東京都内上空

『東京パラリンピック競技大会関連』

  • 日程:令和3年8月24日(火)
  • 場所:東京都内上空

出典:航空自衛隊公式HP

そこで、今回は「ブルーインパルスの見える場所や飛行ルートは?おすすめスポットを紹介!」と題して、お伝えしていきます!

東京オリンピック ブルーインパルスの飛行時間は?

東京オリンピック開会式の当日に飛行するブルーインパルス。

何時に飛ぶか、飛行時間はまだ発表されていませんが、夜間はスモークが見えないため、7月23日(金)の日中に飛行するとみられています。

また、詳しい時間は当日、会員制交流サイト(SNS)で公表するそうで、開会式直前の20~22日の間のうち、1日で予行練習をするとも決まっています。

パラリンピックの際は、パラリンピック開会式当日の8月24日(火)となり、同じく日中なると思われます。

【追記】

ブルーインパルスの展示飛行の予行21日に行われることが発表されました。

時間に関してですが、こんなツイートがありました。

この情報が正しければ、21日12:20~13:00となりそうです。

同じようにNOTAMの情報としてツイートされている方が多かったので、この時間の可能性が高いでしょうか。

https://twitter.com/gori_asue8/status/1417664056081584128?s=19

やはり、12時20分~13時までのようですよ!

【追記】



東京オリンピック ブルーインパルスの飛行ルートや場所は?

画像

ブルーインパルスの飛行ルートは、入間基地をリモート拠点として離発着するようで、

東京23区には練馬区から南下し、東京都庁の上空を一度は通過。渋谷を通過し方向を変えながら、JR山手線に沿うような形で田町方面へ進み、そこから北東へ向かいます。荒川区上空で再び方向を変更。東京都庁のある南西へと進路を取り、杉並区などの西へ向かったのち、再び都心へ方向を変更。国立競技場の上空でオリンピックシンボルを描きます

そののち、北上し、北区、足立区、葛飾区、江東区、港区などを巡り、23区全体を飛行します

出典:https://flyteam.jp/news/article/133547

となっているそうで、6機で「青・黄・黒・緑・赤」の5色のカラースモークを使って「五輪マーク」を作る方向で調整しているそうです。

また、パラリンピック開会式でも飛行を予定していて、パラリンピック開会式では「赤・青・緑」の3色のカラースモークで上空に線を引く予定だそうですよ。

【追記】

こんなツイートもありました。

光が丘公園上空で時間調整をするとか

これが本当なら、光が丘公園で結構見れそうですね!

ただし、「五輪マーク」を見たいなら、新国立競技場のある代々木方面でしょうか?



東京オリンピック ブルーインパルスの見える場所は?

ブルーインパルスが、五輪のシンボルマークである「五つの輪」を描くのは、オリンピックスタジアムである新国立競技場と発表されています。

やはり、1964年の東京オリンピック以来となりますから、見たいと思っている方も多いでしょうね(^^♪

しかし、東京は無観客開催ですので一般の方は来場は出来ません。

そこで、「オリンピックスタジアム(新国立競技場)」がよく見えるであろう場所を調べてみました。

ブルーインパルスが何時何分にどこを飛行するのかは、直前でないとわかりませんので、「五輪マーク」を見るには、「オリンピックスタジアム(新国立競技場)」の上空を見上げることが出来て、当日はそれなりに長く滞在できる場所がおすすめということになります。

しかし、車で周辺に近寄るのは交通規制があったり、渋滞が起こる可能性もあって、おすすめ出来ません

また、公共交通機関を使って行くとしても、やはり交通規制などがあって、どこまで会場に近づけるのかも分かりませんし、コロナ禍での開催ですから「密」も避けたいところです。

そうなると、「オリンピックスタジアム(新国立競技場)」が望める近隣のホテルのラウンジや、公園、展望台などがおすすめでしょうか?

ブルーインパルスが飛行する時間は日中とは分かっているので、おすすめのスポットを幾つかご紹介してみたいと思います。

※注意:下記の場所はいずれもオリンピック期間中は感染予防のために閉鎖・閉館される可能性もありますので、事前に確認が必要です。

レストラン ザ・パーク

 

この投稿をInstagramで見る

 

M. Shibuya(@icydogpod)がシェアした投稿

こちらの「レストラン ザ・パーク」は、慶應義塾大学医学部開設100年の節目に開業されたレストランとなっています。

慶應義塾大学病院の2号館の11階にある高級レストランです。

  • 予約:不可
  • 営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)
  • 定休日:休診日、年末年始

新宿高島屋タイムズスクエア ホワイトガーデン

新宿タカシマヤの13階にある屋上庭園です。

【営業時間】

  • 月曜日 10:00〜22:00
  • 火曜日 10:00〜22:00
  • 水曜日 10:00〜22:00
  • 木曜日 10:00〜22:00
  • 金曜日 10:00〜22:00
  • 土曜日 10:00〜22:00
  • 日曜日 10:00〜22:00
  • 祝日 10:00〜22:00

※一部エリアは
〈3~10月〉19:00まで
〈11~2月〉18:00まで

【定休日】

  • 悪天候時

【追記】

23日は終日閉鎖となったそうです…

日本青年館ホテル

こちらは、直ぐ隣がオリンピックスタジアム(新国立競技場)ですから、目の前で見ることが可能かもしれませんね(^^♪

日本青年館ホテルの口コミや評判はこちらから

六本木ヒルズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kentsurutaがシェアした投稿

六本木ヒルズの場合、52Fの屋内展望台オープンエアの屋上スカイデッキがありますが、やはり日中飛ぶとなるとスカイデッキから見たいですよね。

【六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー】
本展は事前予約制(日時指定券)です。
10:00~20:00(最終入館 19:30)
※当面、時間を短縮し、平日のみ営業いたします。
※営業時間などの予定が変更になる場合があります。
ですが、上記の通り事前予約制」となっているため、当日は空きがなければ入場できません

 

また、「平日のみ営業」とあり、東京オリンピック開幕日は「祝日」となっていますので、予め確認が必要ですね。

 

ちなみに、こちらからチケット購入ページへと進むことが出来ます。

アイ・リンクタウン展望施設(屋上展望デッキ)

こちらは、都心からはちょっと離れてしまいますが、千葉県市川市にある施設で、無料最上階からの展望デッキが開放されていますよ

展望デッキは回廊となっていて、360度の眺望

高い建物が景色を遮ることがないので、東京都心を離れた場所から展望できますし、かえってブルーインパルスの飛ぶ姿が見やすいかもしれません。

【開所時間】:午前9時~午後10時(ただし展望デッキは午後9時まで)
【入所料金】:無料
【休所日】:毎月第1月曜日(祝日に当たるときは直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)※来所者が多い場合は安全確保のため、入所を制限する場合があります

東京都庁展望室

【都庁展望室の休室延長について】

◆新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、
都庁展望室については、 当面の間休室します。
※なお、都庁展望室にワクチン接種センターが開設されることとなりました。接種センター開設期間については、一般の方の入室はできません。

出典:https://www.yokoso.metro.tokyo.lg.jp/tenbou/index.html

都庁の展望室は、コロナ感染拡大防止の観点から休室となっています。

さらに、休室が解除されたとしても、ワクチン接種センターが開設されたことで、その期間(8月31日までの予定)の入室は出来ません。

※こちらも「おすすめ」だと思ったのですが、上記の通り利用することは出来ません(^^;

東京オリンピック ブルーインパルス 交通規制等について

ブルーインパルスの飛行を一目見ようと新国立競技場へお出かけの際は、注意が必要です。

東京オリンピック期間中、特に開会式・閉会式当日は大規模な交通規制があります。

また、新国立競技場がよく見える場所は、入場制限等の可能性もありますので、事前にしっかりと確認しましょう!

会場周辺の交通規制等に関しては、下記から確認できます。

東京都ポータルサイト



まとめ

今回は、東京オリンピック開会式当日に五輪シンボルである「五輪マーク」を描く、「ブルーインパルスの見える場所や飛行ルートは?おすすめスポットを紹介!」と題してお伝えしてきました。

五輪を描くブルーインパルス、1964年以来ですから見たいですよね(^^♪

ちなみに、1964年の東京オリンピックでの五輪マークは、5キロにも及ぶ大きさだったそうです。

それを踏まえると、今回の五輪マークも同じ位か、それ以上の大きさになる可能性もあるかもしれませんね。

また、見える場所等のおすすめスポットについても、他に良い場所があれば追記したいと思います

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました