【スポーツクライミング】楢崎智亜の出身中学や高校は?学歴や経歴を紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

東京オリンピック2020で追加種目となったスポーツクライミング

そのスポーツクライミングの日本代表であり、さらにエースとして期待されているのが、楢崎智亜選手です

2019年にはスポーツクライミング世界選手権の複合種目で優勝していますし、今回も大注目です!

今回は、そんな楢崎選手の出身中学や高校など学歴や経歴をご紹介したいと思います!

楢崎智亜のプロフィールや経歴

  • 楢崎 智亜(ならさき ともあ)
  • 生年月日:1996年6月22日
  • 出身地:栃木県宇都宮市
  • 身長:170cm
  • 体重:60kg
  • 所属:TEAM au
  • 種目:スポーツクライミング・複合

楢崎選手は、幼稚園の頃は器械体操をやっていたそうです。

運動神経も良かったそうで、県大会で入賞するなど好成績を残し、当時は体操でオリンピックに出場する事を目標にしていたんだとか。

しかし、突然体操の演技をすることに恐怖を感じたり、施設の中に入ることすら出来なくなるといった精神的な面で体操を続けることが難しくなり、10歳で体操を辞めてしまいます

そんな頃、お兄さんがスポーツクライミングをやっていて、一緒にそのジムに遊びに行くようになり、その後通うようになったのがクライミングを始めるキッカケになったそうですよ。



楢崎智亜の出身中学は?

楢崎選手の出身中学は、作新学院中等部です。

小学校も作新学院の小学部だったそうなので、

そのまま内部進学したのでしょうね。

どうやら父親の克雄さんが内科の開業医だそうで、将来はその医院を息子さんの誰かに継いでもらいたいということもあって、小さい頃から教育には熱心なご両親だったみたいです

中学時代は、まだクライミングは遊び感覚でやっていたそうですが、3年生の時にジャパンカップに初出場しています



楢崎智亜の出身高校は?

楢崎選手の出身高校は、栃木県立宇都宮北高等学校です。

高校もそのまま作新学院の高等部へと進学するのかと思いきや、県立の宇都宮北高等学校へ進学します

この高校も進学校ではあるのですが、当時は山岳部の強豪校として知られていたそうです。(※現在は、山岳部は廃部となっているようです。)

そのため、その山岳部へ入部するために宇都宮北高等学校へ進学したのではないかという噂もありますが、そのような情報はありませんでした。

楢崎選手は、高校3年時にワールドカップへ初出場も果たしています。

山岳部へ入部していないとすると、学校ではなく、自身で練習を積んでいたということになりますね



楢崎智亜の出身大学は医学部?

高校卒業後は、大学へは進学しませんでした

そのため、医学部にも入っていません

医学部進学を考えていた時期もあったそうですが、クライミングをやるなら本気でやると決め、プロの道を選んだそうです。

ですが、父親からは「2年で結果が出なければ辞めるように」と言われていたそうで、 約束のプロ2年目には、2016年にワールドカップで2勝を挙げて年間総合優勝を飾り、さらに世界選手権でも優勝を果たして、見事に結果を残しました

凄い!

このときには、世界ランキングも30位台から一気に1位となり、プロとしての地位を確立しましたね。

そして、2016年8月より株式会社KDDIとスポンサー契約を結び、TEAM-auに所属しています



楢崎智亜の戦績は?

その素晴らしい戦績をちょっとご紹介します!

※プロクライマーとなった2015年以降の主な戦績の一部です。

【国内大会】

  • 2015年:日本ユース選手権リード 優勝
  • 2015年:ユース選手権ボルダリング競技大会 優勝
  • 2018年:第1回コンバインド・ジャパンカップ 優勝
  • 2019年:第2回コンバインド・ジャパンカップ 優勝
  • 2020年:第15回ボルダリング・ジャパンカップ 2位
  • 2020年:第2回スピード・ジャパンカップ 2位
  • 2020年:第33回リード・ジャパンカップ 4位
  • 2021年:第3回スピード・ジャパンカップ 優勝

【国際大会】

  • 2015年:世界ユース選手権(ジュニア) ボルダリング4位
  • 2015年:アジアユース選手権(ジュニア)ボルダリング1位 スピード3位
  • 2016年:アジア選手権 ボルダリング2位
  • 2016年:世界選手権 ボルダリング1位
  • 2016年:ワールドカップ ボルダリング 年間総合優勝
  • 2017年:ワールドゲームズ2017 5位
  • 2017年:アジア選手権 ボルダリング4位
  • 2018年:アジア競技大会 複合3位
  • 2018年:世界選手権 複合5位
  • 2018年:ワールドカップ ボルダリング 年間総合2位
  • 2019年:世界選手権 リード4位 ボルダリング1位 複合1位
  • 2019年:ワールドカップ ボルダリング 年間総合優勝
また、ここには掲載されていませんが、2020年・2021年にはスピード種目で日本記録を更新しています
これだけの素晴らしい戦績の持ち主ですし、「金メダル」獲得なるか大注目です!


まとめ

今回は、スポーツクライミングの金メダル候補として注目されている楢崎選手の学歴や経歴を中心に、戦績もご紹介してきました

見た目からも人気のある選手ですし、どんなクライミングを見せてくれるのか楽しみですね!

あまり興味がなかったという方も、この機会に是非注目してみてください!

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました