衆議院議員総選挙2021南関東ブロック比例代表立候補者一覧を紹介!

イベント
スポンサーリンク

第49回衆院選の投開票日が11月にずれ込む可能性が強まったと報道がありました。

総裁選で選ばれた新首相が、総裁選後の臨時国会で解散の可否も含めて判断することになりますが、総裁選後の党役員人事や召集日の首相指名と組閣が順調に進んだとしても、新首相の所信表明などこれに対する各党代表質問終了は10月8日以降となるとの情報もあります。

また、10月30日・31日にはローマでのG20首脳会議開催が予定されているため、新首相が代表質問直後に解散するとすれば、11月7日が最も早い投開票日と有力視されています。

今回は、そんな衆院選の南関東ブロックの比例代表予想されている政党とそれぞれの立候補者の顔ぶれ一覧にまとめてみたので、ご紹介していきます。

衆議院議員総選挙2021南関東ブロック比例代表政党一覧

南関東ブロックの比例代表の政党は以下の通りです。

  • 日本共産党
  • 公明党
  • 自民党
  • 立憲民主
  • 日本維新の会

それぞれの候補者についてご紹介していきたいと思います。



衆議院議員総選挙2021南関東ブロック日本共産党

日本共産党の立候補者の顔ぶれです。(※現時点で予想されている方々です)

志位 和夫(しい かずお)※現職

  • 年齢:67歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:9回
  • 在任期間:1993年7月18日~
  • 経歴:千葉県印旛郡四街道市生まれ。東京大学工学部物理工学科卒。大学1年生の時に小選挙区制の反対運動に参加したのをきっかけに日本共産党に入党。大学卒業後は、党東京都委員会に就職し、早稲田大学などの青年学生運動を担当する。1982年以後は、同党中央委員会で活動し、政策委員、青年・学生対策委員会責任者、選挙対策局政策論戦部副部長などを務め、2000年までの10年間は党書記局長として務めていた。そして、2000年からは幹部会委員長となり、21年間もの間、日本共産党のトップとして君臨している。
  • Twitter

はたの 君枝(はたの きみえ)※現職

  • 年齢:64歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:神奈川10区)
  • 当選回数:2回
  • 在任期間:2014年12月14日~
  • 経歴:神奈川県川崎市生まれ。横浜国立大学教育学部卒。大学時代は漫画家を目指すも、卒業後は私立中学の国語教諭として勤務。日本民主青年同盟神奈川県委員長などを歴任。
    1998年に参議院神奈川選挙区で2位当選し、日本共産党参議院神奈川選挙区での議席を初の獲得。2014年に第47回衆議院議員総選挙に比例南関東ブロックから出馬して当選、今に至る。現在は、文部科学委員、科学技術イノベーション推進特別委員会 消費者問題に関する特別委員会、党中央委員を務めている。
  • Twitter

さいとう 和子(さいとう かずこ)※前職

  • 年齢:46歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:千葉13区)
  • 当選回数:1回
  • 在任期間:2014年12月14日~2017年9月28日
  • 経歴:千葉県船橋市生まれ。日本大学農獣医学部卒。大学卒業後は、千葉県立清水高等学校の常勤講師として2年間務め、その後に日本共産党千葉県委員会に就職する。2011年日本共産党千葉県西部地区委員会常任委員・青年学生部長を務める。2014年の第47回衆議院議員総選挙に千葉4区より出馬して落選するが、比例南関東ブロックにて復活当選。前回の2017年の第48回衆議院議員総選挙には千葉13区より出馬するも落選、復活当選もなかった。
  • Twitter

沼上 とくみつ(ぬまかみ とくみつ)※新人

  • 年齢:35歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:0回
  • 在任期間:なし
  • 経歴:神奈川県茅ヶ崎市生まれ。横浜リゾート&スポーツ専門学校卒。元茅ケ崎市議。ロコスポーツ湘南・ヤマト運輸での勤務を経て、2015年茅ケ崎市議会議員選挙に立候補し、当選。
  • Twitter



衆議院議員総選挙2021南関東ブロック公明党

公明党の立候補者の顔ぶれです。(※現時点で予想されている方々です)

古屋 範子(ふるや のりこ)※現職

  • 年齢:65歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:6回
  • 在任期間:2003年11月10日~
  • 経歴:埼玉県さいたま市浦和区生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大学卒業後は、聖教新聞社出版局に勤務する。2003年の第43回衆議院議員総選挙比例南関東ブロック公明党第3位で初当選。2005年の第44回衆議院議員総選挙で再選し、 第3次小泉改造内閣で総務大臣政務官に就任。その後も第45・46・47回衆院選で当選し、2016年8月に第3次安倍第2次改造内閣で厚生労働副大臣に就任する。そして、第48回衆院選でも当選し、今に至る。公明党副代表、公明党女性委員長。防災士。
  • Twitter

上田 勇(うえだ いさむ)※元職

  • 年齢:63歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:7回
  • 在任期間:1993年6月18日~2009年7月21日、2012年12月19日~2017年9月28日
  • 経歴:神奈川県横浜市生まれ。 東京大学農学部卒。卒業後は、農林水産省に入省し、構造改善局、近畿農政局に勤務。1986年に農水省から米国コーネル大学大学院に留学、金融・国際ビジネスなどを専攻し、経営学修士号(MBA)を取得。帰国後は、農水省構造改善局、経済局国際部、九州農政局に勤務。そして、農水省を退職後、1993年の第40回衆議院議員総選挙に公明党から出馬し、初当選。その後、第41・42・43・44回衆院選で連続当選。その間に、第2次森内閣で法務総括政務次官、第2次小泉改造内閣・第3次小泉内閣で財務副大臣を務める。また、公明党広報委員長、公明党神奈川県本部代表なども歴任している。第46・47回衆院選でも当選したが、第48回衆院選で敗れ、今に至る。
  • Twitter

角田 秀穂(つのだ ひでお)※元職

  • 年齢:60歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:1回
  • 在任期間:2014年12月14日~2017年9月28日
  • 経歴:東京都葛飾区生まれ。創価大学法学部卒。大学を卒業後は、水道産業新聞社入社し、編集部次長を経て、1999年の千葉県船橋市議会議員選挙に公明党公認で立候補して初当選する。以後、2011年まで4期務めた。そして、 2014年の第47回衆議院議員総選挙で公明党から比例南関東ブロックに出馬して初当選するも、2017年の第48回衆議院議員総選挙では落選し、今に至る。社会保険労務士。趣味は登山、詩吟。
  • Twitter



衆議院議員総選挙2021南関東ブロック自民党

自民党の立候補者の顔ぶれです。(※現時点で予想されている方々です)

上野 宏史(うえの ひろし)※現職

  • 年齢:50歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:2回
  • 在任期間:2012年12月21日~2014年11月21日、2017年10月23日~
  • 経歴:宮城県仙台市生まれ。東京大学経済学部卒。大学卒業後の1994年に通商産業省入省し、2003年にはハーバード大学大学院を卒業する。また、1998年に中小企業庁課長補佐として、2000年に機械情報産業局自動車課課長補佐として、さらに2007年には大臣官房総務課課長補佐など務めたが、2010年に経済産業省退官し、同年の参院選にみんなの党から立候補し、初当選。2012年には第46回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認で立候補し、重複立候補した比例北関東ブロックで復活して当選。2017年の第47回衆議院議員総選挙には自民党公認で南関東ブロックから立候補して当選、第4次安倍改造内閣で厚生労働大臣政務官として任命を受けた。旧姓は小林で、内閣官房副長官を務めた上野公成は義父。
  • Twitter

出畑 実(でばた みのる)※現職

  • 年齢:71歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:1回
  • 在任期間:2019年9月30日~
  • 経歴:山口県下関市生まれ。成蹊大学経済学部卒。大学卒業後は、東燃ゼネラル石油株式会社勤務を経て、国民政治協会千葉県支部に勤務し、事務局長を歴任する。2017年の第48回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で比例南関東ブロックで立候補するも、次点で落選。しかし、2019年9月27日に欠員による繰り上げ補充によって当選が決まり、今に至る。
  • 自民党公式サイト



衆議院議員総選挙2021南関東ブロック立憲民主

立憲民主の立候補者の顔ぶれです。(※現時点で予想されている方々です)

しのはら 豪(しのはら ごう)※現職

  • 年齢:46歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:神奈川1区)
  • 当選回数:2回
  • 在任期間:2014年12月14日~
  • 経歴:神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院政治学研究科修了。大学院修了後は、記者・雑誌副編集長、クリエイティブ・ディレクター、広告プランナーなどを務める。ボーイスカウト歴は16年。2011年に横浜市会議員選挙に金沢区から出馬して初当選。2014年の第47回衆議院議員選挙にて維新の党の公認で、比例南関東ブロックで復活当選。2017年の第48回衆議院議員選挙では立憲民主党の公認で、比例南関東ブロックで復活当選を果たして現職2期目となり、今に至る。立憲民主党「外交・安全保障・主権調査会」会長。
  • Twitter

岡本 英子(おかもと えいこ)※元職

  • 年齢:57歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:神奈川2区)
  • 当選回数:1回
  • 在任期間:2009年8月30日~2012年11月16日
  • 経歴:神奈川県横浜市生まれ。横浜国立大学経済学部卒。衆議院議員だった塚本三郎氏の秘書を務めた後、1995年に横浜市議会議員選挙に新進党から出馬して初当選。その後4期連続当選する。そして、第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で神奈川3区から出馬し、初当選を果たす。また、厚生労働委員会、環境委員会、青少年の問題に関する特別委員会などに所属し、犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟では、事務局次長を勤め動物愛護管理法の改正に力を注いできた。2019年1月に立憲民主党神奈川2区支部長に就任、立憲民主党の公認を受け、3期ぶりの当選を目指す。
  • Twitter

生方 幸夫(うぶかた ゆきお)※現職

  • 年齢:73歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:千葉県6区)
  • 当選回数:6回
  • 在任期間:1996年10月20日~2005年8月8日、2009年8月30日~2014年11月21日、2017年10月23日~
  • 経歴:東京都豊島区生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大学卒業後は、読売新聞記者を経てジャーナリスト、経済評論家、産能大学講師を務める。初当選は1996年の第41回衆議院総選挙で、比例南関東ブロックで復活当選だった。その後も第42・43・45・46・47回の衆院選で当選。また、2012年に野田第3次改造内閣で環境副大臣に任命されている。そして、2019年10月、衆議院決算行政監視委員長に就任し、今に至る。
  • Twitter

岡島 一正(おかじま かずまさ)※現職

  • 年齢:63歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:千葉3区)
  • 当選回数:3回
  • 在任期間:2003年~2005年8月8日、2009年~2012年11月16日、2017年10月27日~
  • 経歴:千葉県市原市生まれ。早稲田大学社会科学部卒。大学卒業後は、NHKに報道カメラマンとして入局し、福岡放送局、沖縄放送局を経て、報道局の映像取材部や特報部に在籍する。その後、バンコク特派員を経て、報道局アジアセンターなどでニュースデスクの担当や映像取材ニュース総合デスクを務め、2000年には報道局の映像取材番組担当副部長に就任。そして、2001年にNHKを退職し、2003年の第43回衆議院総選挙で民主党公認で初当選を果たす。その後は2009年の第45・48回衆院選で当選。その間、衆議院決算行政監視委員会筆頭理事、衆議院災害対策特別委員会筆頭理事、民主党副幹事長、国民の生活が第一総務委員長、生活の党・自由党千葉県総支部連合会代表などを歴任している。
  • Twitter

奥野 総一郎(おくの そういちろう)※現職

  • 年齢:57歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック(小選挙区:千葉9区)
  • 当選回数:4回
  • 在任期間:2009年8月~
  • 経歴:兵庫県神戸市生まれ。東京大学法学部卒。大学卒業後の1989年に郵政省(現・総務省)へ入省し、1996年から横浜市企画局へ出向する。2005年に総務省を退職、同年に千葉県市長選挙に立候補するも落選。2009年の第45回衆議院総選挙で初当選し、その後も第46・47・48回衆院選で当選、今に至る。立憲民主党国対委員長代理、衆院予算委員会理事、衆院憲法審査会幹事を務めている。ちなみに、正式な名前の漢字は「奥野 總一郎」となっている。
  • Twitter



衆議院議員総選挙2021南関東ブロック日本維新の会

日本維新の会の立候補者の顔ぶれです。(※現時点で予想されている方々です)

横田 光弘(よこた みつひろ)※新人

  • 年齢:63歳(2021年9月現在)
  • 選挙区:比例南関東ブロック
  • 当選回数:0回
  • 在任期間:なし
  • 経歴:東京都生まれ。慶應工学部卒。大学卒業後は、松下政経塾へ入塾(第2期生)。ちなみに「松下政経塾」は、パナソニック創業者の松下幸之助さんが立ち上げた政治塾。その後、松下政経塾を卒塾した翌年には神奈川県議会議員として初当選。2012年には、たちあがれ日本に入党し、日本維新の会、次世代の党を経て現在はIT会社代表取締役。2007年にはDX・クラスター株式会社の代表取締役、2018年にはADMINA株式会社の代表取締役となっています。また、2020年秋に日本維新の会より公認を受け、神奈川18区の支部長として衆院選へ出馬予定。
  • YouTubeチャンネル
  • 公式サイト



まとめ

今回は、「衆議院議員総選挙2021南関東ブロック比例代表立候補者一覧を紹介!」と題して、現時点で予想されている方々を簡単にご紹介してきました。

それぞれの候補者の方の考え方や活動内容は、TwitterなどのSNSで挙げられています

是非、参考にしてみて下さい!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました