箱根駅伝2022の視聴率は?瞬間最高視聴率のシーンと歴代視聴率一覧も紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

お正月の風物詩と言えば「箱根駅伝」ですが、毎年高視聴率を叩き出していることもあって、注目されています!

2021年の箱根駅伝の視聴率は、「沿道での応援を控え、テレビを通じて声援を送られた方が多かった結果だと思います」と番組のプロデューサーも語っていたように

  • 2日(往路)31・0%、
  • 3日(復路)33・7%

を記録し、往路・復路共に歴代最高視聴率を更新しました!

2022年はこの記録を上回ることが出来るのか、注目されること間違いないですね。

そして、例年話題となる最高瞬間視聴率のシーンがどこになるのかも気になるところです。

そこで、今回は「箱根駅伝2022の視聴率は?瞬間最高視聴率のシーンと歴代最高視聴率一覧も紹介!」と題し、

  • 箱根駅伝2022の視聴率
  • 箱根駅伝2022の最高瞬間視聴率とそのシーン
  • 箱根駅伝の過去10年の歴代視聴率一覧

についてご紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までチェックしてみてください!

↓こちらにも注目!

スポンサーリンク



箱根駅伝2022の視聴率は?

箱根駅伝2022の視聴率はまだ発表されていませんので、発表され次第追記していきたいと思います。

箱根駅伝2022の視聴率(関東地区)は、

  • 2日(往路)26.2%
  • 3日(復路)28.4%

となりました。

ちなみに、往復での平均視聴率は、27.3%でした。

昨年は、往路・復路ともに30%越えでしたが、その記録を上回ることは出来ませんでしたね。

スポンサーリンク



箱根駅伝2022の最高瞬間視聴率はどこ?

箱根駅伝2022の最高瞬間視聴率もまだ発表されていませんので、発表され次第追記していきます。

参考までに、過去3年の最高瞬間視聴率(関東地区)がどのシーンだったのか見ていきたいと思います!

箱根駅伝2022の瞬間最高視聴率

箱根駅伝2022の瞬間最高視聴率は33.4%

今年の瞬間最高視聴率のシーンは、復路で10位の東海大学と11位の法政大学が小田原中継所手前で熾烈なシード権争いを繰り広げ、9位東洋大、10位東海大学、11位法政大学の順に襷リレーする場面でした。

箱根駅伝2021の瞬間最高視聴率

箱根駅伝2021の瞬間最高視聴率は41.8%

瞬間最高視聴率のシーンは、復路で3位の東洋大と4位の青山学院大がゴールする場面でした。

箱根駅伝2020の瞬間最高視聴率

箱根駅伝2020の瞬間最高視聴率は34.1%

瞬間最高視聴率のシーンは、創価大学の嶋津選手の激走シーンでした。

箱根駅伝2019の最高瞬間視聴率

箱根駅伝2019の瞬間最高視聴率は37.7%

瞬間最高視聴率のシーンは、復路の青山学院大学のゴールの瞬間でした。

スポンサーリンク



箱根駅伝の歴代視聴率一覧

ここでは、過去10年の優勝校と歴代視聴率を見ていきたいと思います。

※参考先:Wikipedia

第97回:優勝校(駒澤大学)
  • 往路:31.0%
  • 復路:33.7%
第96回:優勝校(青山学院大学)
  • 往路:27.5%
  • 復路:28.6%
第95回:優勝校(東海大学)
  • 往路:30.7%
  • 復路:32.1%
第94回:優勝校(青山学院大学)
  • 往路:29.4%
  • 復路:29.7%
第93回:優勝校(青山学院大学)
  • 往路:27.2%
  • 復路:28.4%
第92回:優勝校(青山学院大学)
  • 往路:28.0%
  • 復路:27.8%
第91回:優勝校(青山学院大学)
  • 往路:28.2%
  • 復路:28.3%
第90回:優勝校(東洋大学)
  • 往路:26.8%
  • 復路:27.0%
第89回:優勝校(日本体育大学)
  • 往路:29.1%
  • 復路:27.9%
第88回:優勝校(東洋大学)
  • 往路:27.9%
  • 復路:28.5%
第87回:優勝校(早稲田大学)
  • 往路:25.1%
  • 復路:29.5%

こうして過去10年の視聴率を見ると、毎年20%台後半を記録していて、それだけ注目されている番組だということがわかりますね。

2021年は、往路・復路ともに歴代最高となる30%越えとなっていて、平均視聴率も32.3%と高い数字を出しています。

2022年はどうなるのか注目ですね!

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「箱根駅伝2022の視聴率は?瞬間最高視聴率のシーンと歴代最高視聴率一覧も紹介!」と題して情報をお伝えしてきました。

2021年の箱根駅伝では、歴代1位となる記録を叩き出しているので、2022年も記録更新となるのか注目です。

往路では青山学院大学が1位となりましたが、復路でもそのまま1位となって2年ぶりの総合優勝となるか、2分37秒差で帝京大学が、そして2連覇を狙う駒澤大学が3分28秒差で追いかけます!

どんな結果となるか楽しみですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました