小坂将商(智弁学園監督)の身長や年齢などプロフィールや経歴は?嫁や子供など家族構成も紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

今夏の甲子園「第103回全国高校野球選手権大会」の決勝戦は、智弁学園×智弁和歌山の「智弁対決」となり、注目されています。

そして、智弁学園の監督を務めているのが、小坂将商監督です。

今回は、その小坂将商監督の身長や年齢などプロフィールや、嫁や子供など家族構成も紹介していきたいと思います。

小坂将商のプロフィールと経歴

  • 名前:小坂将商 (こさか まさあき)
  • 生年月日:1977年7月23日生まれ
  • 出身地:和歌山県紀の川市
  • 身長:175cm
  • 出身中学:那賀町立那賀中学校
  • 出身高校:智弁学園高等学校
  • 出身大学:法政大学
  • 社会人時代の所属先:松下電器(現・パナソニック)
  • 投打:右投げ右打ち
  • ポジション:外野手

年齢を見ると、智弁和歌山の中谷仁監督と同世代ですね。

小学校時代は、地元の少年野球チームである「名手ペガサス」に所属していました。

そして、那賀中学校を卒業後は智弁学園に進学します

高校3年時には、4番センターとして夏の甲子園にも出場し、主将としてチームを引っ張りました。

その甲子園では、準々決勝で強豪校であるPL学園を相手に8対6で競り勝ち、智弁学園初のベスト4入りを達成しています。

ちなみに相手のPL学園は、当時福留孝介選手や前川克彦選手を始めとするその後にプロ入りをする選手が何人もいた強豪チーム

大会終了後には、高校日本代表にも選ばれるほどの実力者でした。

智弁学園を卒業後は法政大学へと進学し、野球部に所属。

在学中には3度のリーグ優勝も経験しています!

ちなみに、大学4年時には主将としてチームをまとめ春・秋連続外野手部門ベストナインにも選出されていました。

大学卒業後は社会人野球チームのある松下電器(現・パナソニック)に入社し、5年間プレーをし、その後引退しています。

引退後の2005年1月には、母校である智弁学園高校野球部コーチとして赴任します。

同年12月、前監督だった上村恭生監督が46歳で亡くなったため、監督代行として業務を引き継ぎ、翌年の2006年4月から正式に野球部監督として就任しました

監督に就任後は、2007年の夏に初めて甲子園出場を果たし、それ以降も春・夏通算で14回も甲子園に出場しています。(※2021年夏時点)

全国制覇を達成したのは、2016年春の選抜である「第88回選抜高校野球大会」です

今大会の「夏の甲子園」で優勝なるか注目ですね!



小坂将商の嫁や子供など家族構成は?

小坂監督の家族構成について見ていきます。

小坂将商の嫁は?

小坂監督は、2005年結婚されています。

奥様の名前は「恵美さん」です。

その恵美さんも智弁学園の出身だそうで、高校卒業後から母校の智弁学園で法人室の職員として勤務されています。

2人の出会いは、小坂監督が前監督である故・上村恭生さんの元を訪ねてくることがあり、知り合ったことがきっかけ。

前監督の故上村恭生さんの元を訪ねてくる小坂監督と親しくなり、2005年に結婚。それまで野球のルールを知らなかったというが、「夫が監督になってから野球が好きになった」。

練習を見に行くと、選手に積極的に声を掛ける。夫と一緒に、35人いる全選手を何人かずつ焼き肉やすしに誘い、銭湯まで車で送迎することも。(一部抜粋)

出典:毎日新聞

当時はまだ野球に興味もなかったようですが、今では小坂監督と共に、チームを支える存在となっているようです。

小坂将商の子供は?

小坂監督にはお子さんは2人いらっしゃいます。

長女(中学1年生)と長男(小学校4年生)です。

お子さん2人も野球部の選手と関わることもあったようですね。

ある時、自宅で普段、野球部のことをあまり話さない夫が、元気がないという1人の選手への心配を口にしたことがあった。そこで、「ご飯を一緒に食べて話したら」と提案。話しづらい雰囲気にならないようにと、現在小学4年になる長女と小1の長男の子供2人も含め一家で迎えた。

出典:毎日新聞

息子さんが野球をしているかは分かりませんでしたが、もしやっているとしたら、父である小坂監督の智弁学園野球部に入部なんてことも・・・



まとめ

今回は、今大会の「夏の甲子園」の決勝戦へと駒を進めた智弁学園の小坂監督に注目し、小坂将商の身長や年齢などプロフィールや経歴は?嫁や子供など家族構成も紹介!」と題して、お伝えしてきました。

小坂監督は、高校・大学では主将を務め、高校日本代表やベストナインにも選ばれるほどの実力者でした。

そして、智弁学園の野球部の選手たちは、小坂監督だけでなく、その奥様の「恵美さん」や時にはお子さんたちからも支えられ、良い雰囲気の中で野球が出来ていることが分かりました。

今大会を優勝し、2度目の全国制覇となるか大注目です!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました