鳥海連志の身長や年齢などwiki風プロフィール!出身高校や大学など学歴や経歴も紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

東京パラリンピックの男子車いすバスケットボールに出場している鳥海連志選手

そのプレースタイルからバスケの人気アニメ「スラムダンク」に登場する「流川楓」のようだと話題になっていますよね!

将来の夢「海外リーグでプレーすること」と仰っていて、今大会での活躍に大注目ですよ!

今回は、そんな鳥海選手の身長や年齢などwiki風プロフィールや経歴、出身高校や大学など学歴をご紹介していきたいと思います!

鳥海連志のプロフィール

まずはプロフィールや経歴から見ていきます。

  • 名前:鳥海 連志(ちょうかい れんし)
  • 生年月日:1999年2月2日
  • 出身地:長崎県長崎市
  • 身長:145cm
  • 体重:50㎏
  • 所属:パラ神奈川SC/WOWOW
  • ポジション:ガード
  • 障害クラス:2.5
  • スポンサー:champion、松永製作所mp、味の素

鳥海選手は、生まれた時から両手の指が少なく、両足のすねの骨のうち脛骨がありませんでした

さらに、両足の裏が頭の方を向いていたため、歩行が難しいこともあり、ご両親は「腓骨を利用して歩けるようにしよう」と、足を残すために様々な治療を1年ほど試してきましたが、3歳で両足を切断することになります

ですが、小さい頃から身体を動かすのが好きなこともあり、なんと保育園の時には逆立ちで歩ける程の運動神経の持ち主でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鳥海連志(WOWOW)(@chokaiwowow)がシェアした投稿

この頃から既に運動能力の高さを見せていたんですね!

そして、鳥海選手が車いすバスケを始めたのは、中学1年生の時

女子バスケットボール部のコーチに誘われて、車いすバスケというスポーツがあることを知ったそうです。

実際に、始めると持ち前の運動神経の良さからメキメキと上達し、高校1年生で日本代表に選ばれるほどになり、リオパラリンピックにも17歳の時に初出場

「自分よりうまい選手がいるのが悔しい。コート上の誰よりもうまくなってやる」と常に向上心がある鳥海選手。

「東京パラでしっかり結果を出して、海外のプロに行きたい」という夢もあり、その実現に向けて今大会での活躍に期待したいですね!



鳥海連志の出身中学校は?

鳥海選手の出身中学校は、長崎県西海市にある大島中学校です。

※鳥海選手が入学時は「大島中学校」でしたが、2013年に統合により閉校となり、卒業時は「大崎中学校」となっています

中学校に入学後にすぐに車いすバスケを始めたわけではなく、最初はテニス部に入部しています

ですが、6月には辞めてバスケをすることに。

鳥海選手の車いすバスケのデビュー戦となったのは、2年生の4月

3年生の夏には、西日本代表として韓国遠征もしています。

そして、同年の10月には国体、さらにアジアユースパラリンピックにも出場し、「銀メダル」を獲得しました。



鳥海連志の出身高校は?

鳥海選手の出身高校は、明誠高等学校(H26.4~H27.3)➡大崎高等学校(H27.4~H29.3)です。

高校は、 最初は明誠高等学校に入学しましたが、高校1年生で車いすバスケの日本代表に選出されたこともあり、日本代表としての活動が忙しく、そのため大崎高等学校へ編入しています。

ちなみに、その日本代表として出場した「北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会」では見事に優勝しています。



鳥海連志の出身大学は?

鳥海選手の出身大学は、日本体育大学ですが、2019年には退学しています。

大学へ進学することになって関東へと上京しますが、リオパラリンピック後は、モチベーションを保つことが難しかったようですね。

気持ちが切れてしまい、その置き所が難しくなって大学を退学することになったようです。

ですが、メンタルトレーニングにも取り組んだことで、気持ちが切り替えられる様になり、今ではしっかりと夢や目標をイメージしながら進んでいるそうです。



鳥海連志の主な成績

鳥海選手の主な成績を見ていきます。

パラリンピック

  • 2016年:パラリンピックリオ大会 9位

その他の大会での成績

  • 2014年:北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
  • 2015年:三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ(千葉)3位
  • 2017年:IWBF男子U23世界選手権(カナダ)
  • 2017年:IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス(中国)3位
  • 2018年:IWBF世界選手権大会(ドイツ)9位
  • 2018年:アジアパラ競技大会(インドネシア)2位
  • 2019年:IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップス(タイ)4位

鳥海選手は、高校1年生のときから県や日本代表として、国内外の様々な大会で活躍しています

今回の東京パラリンピックでの活躍も楽しみですね!



まとめ

今回は、東京パラリンピックの車いすバスケットボール日本代表として注目されている鳥海連志選手について、「鳥海連志の身長や年齢などwiki風プロフィール!出身高校や大学など学歴や経歴も紹介!」と題して、お伝えしてきました。

リオパラリンピックでは9位と海外との差にショックを受けたこともあったそうですが、海外選手に当たり負けしないように体重を5kg増量し、今大会ではメダル獲得を狙っています。

将来は「海外プロリーグ」という夢もありますし、頑張ってもらいたいですね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました