世界陸上2022はいつからで競技種目や日程は?日本人出場選手一覧も紹介!

スポーツ

『世界陸上2022』がいよいよ来月に迫ってきましたね!

「世界陸上=世界陸上選手権大会」は、これまで奇数年の8~9月に9~10日間開催されてきました。

前回大会が2019年でしたので、本来なら2021年に開催される予定でした。

しかし、社会情勢の悪化の影響で、東京オリンピックが2021年7月に延期されたことを受け、世界陸上も2021年から2022年へと延期されたんです。

そこで今回は、「世界陸上2022はいつからで競技種目や日程は?日本人出場選手一覧も紹介!」と題して情報をお伝えしていきますので、最後までゆっくりとご覧くださいね。

 

 

スポンサーリンク



世界陸上2022はいつから?日程は?

『世界陸上2022』の日程に関してですが、

現地時間:2022年7月15日(金)~7月24日(日) 

日本時間:2022年7月16日(土)~7月25日(月)

となっています。

本来であれば、2021年8月6日から15日まで開催される予定となっていました。

しかし、最初にも触れたように、東京オリンピックの開催が1年延期されたことを受け、世界陸上も1年先延ばしとなった訳ですね。

また、次開催も既に決定していて、その時期は2023年8月19日から27日まで開催される予定となっていますので、2年連続開催となります。

ちなみに、2年連続開催となれば「史上初」とのことですが、選手たちにとっては調整も大変かもしれません・・・。

しかし、陸上ファンからすれば、2年連続で一流選手の競技を見ることが出来るので、これほど嬉しいことはありませんね。

 

スポンサーリンク



世界陸上2022の開催地は?

今大会の開催地ですが、北アメリカの西海岸に位置しているアメリカで33番目の州である

オレゴン州ユージーン

での開催となります。

競技に関しては、オレゴン大学の敷地内(ヘイワード・フィールド)で行われます。

ちなみに、ユージーンの気候を見てみると、

月別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去最高気温(℃) 21 26 27 32 35 39 41 42 39 34 24 20
平均最大気温(℃) 15.2 17.1 20.4 24.6 28.9 32.1 36.1 36.1 33.3 26.1 18 14.9
平均最高気温(℃) 8.4 10.6 13.4 16 19.4 22.9 27.9 28.2 24.9 17.9 11.2 7.6
平均最低気温(℃) 1.2 1.6 2.8 4.2 6.4 8.7 10.8 10.6 8.3 5.1 3.1 1
平均最小気温(℃) -5.2 -4.8 -1.8 -0.4 1.2 3.7 6.4 6.1 3.1 -1.5 -3.5 -5.8
過去最低気温(℃) -20 -19 -8 -4 -2 0 4 2 -1 -8 -11 -23
降水量(mm) 174 138 127 85 70 38 14 15 33 83 196 199
降水日数(日) 17.9 14.9 17.7 14.5 11.7 7.9 3.1 3.2 5.4 11.4 17.9 17.9
降雪量(cm) 2 6 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4
降雪日数(日) 0.7 1.2 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0.1 0.9

(※出典:Wikipedia

開催予定とされている7月を見ると、平均最高気温27.9度、平均最低気温10.9度となっていて、日本と比べると過ごしやすい気候かもしれませんね。

降水量も少ないため、湿度も低そうですし、カラッとした良い気候の中で競技が行われる可能性も高そうです。

また、時差は16時間です。

※日本が16時間早く進んでいるので、日本時間から-16時間を引けばユージーンでの時間となります。

 

スポンサーリンク



世界陸上2022の競技種目と競技日程(タイムテーブル)一覧

今大会の競技種目と競技日程(タイムテーブル)を一覧でご紹介します。

世界陸上2022競技種目一覧

種目 男子/女子
100m 男子/女子
200m 男子/女子
400m 男子/女子
800m 男子/女子
1500m 男子/女子
5000m 男子/女子
10000m 男子/女子
110mハードル 男子/女子
400mハードル 男子/女子
3000m障害 男子/女子
4×100mリレー 男子/女子
4×400mリレー 男子/女子
マラソン 男子/女子
20km競歩 男子/女子
50km競歩 男子/女子
走高跳 男子/女子
棒高跳 男子/女子
走幅跳 男子/女子
三段跳 男子/女子
砲丸投 男子/女子
円盤投 男子/女子
ハンマー投 男子/女子
やり投 男子/女子
十種競技 男子
七種競技 女子
4×400mリレー 男女混合

世界陸上2022のタイムテーブル一覧

競技種目(トラック種目、ロード種目)のタイムテーブルの一覧です。

※フィールド種目についても、分かり次第追記していきます。

7月16日(土)
  • 03時45分 予選 混合4×400mリレー
  • 04時30分 予選 男子100m
  • 05時10分 女子20km競歩
  • 07時10分 男子20km競歩
  • 09時15分 予選 男子3000m障害
  • 10時10分 予選 女子1500m
  • 10時50分 予選 男子100m
  • 11時50分 決勝 混合4×400mリレー
7月17日(日)
  • 02時35分 予選 女子3000m障害
  • 03時25分 予選 男子110mハードル
  • 04時20分 決勝 女子10000m
  • 05時20分 予選 男子400mハードル
  • 09時10分 予選 女子100m
  • 10時00分 準決勝 男子100m
  • 10時30分 予選 男子 1500m
  • 11時05分 準決勝 女子1500m
  • 11時50分 決勝 男子100m
  • 22時15分 男子マラソン
7月18日(月)
  • 03時05分 予選 男子400m
  • 04時00分 予選 女子400m
  • 05時00分 決勝 男子10000m
  • 09時05分 準決勝 男子110mハードル
  • 09時33分 準決勝 女子100m
  • 10時03分 準決勝 男子100mハードル
  • 11時00分 準決勝 男子1500m
  • 11時30分 決勝  男子110mハードル
  • 11時50分 決勝 女子100m
  • 22時15分 女子 マラソン
7月19日(火)
  • 09時05分 予選 男子 200m
  • 10時00分 予選 女子200m
  • 11時20分 決勝 男子3000m障害
  • 11時50分 決勝 女子1500m
7月20日(水)
  • 10時05分 準決勝 女子200m
  • 10時50分 準決勝 男子200m
  • 11時30分 準決勝 男子1500m
  • 11時50分 決勝 男子400mハードル
7月21日(木)
  • 08時25分 予選 女子5000m
  • 09時20分 予選 男子800m
  • 10時15分 準決勝 女子400mハードル
  • 10時45分 準決勝 女子400m
  • 11時15分 準決勝 男子400m
  • 11時45分 決勝 女子3000m障害
7月22日(金)
  • 09時10分 予選 女子800m
  • 10時10分 予選 男子5000m
  • 11時00分 準決勝 男子800m
  • 11時35分 決勝 女子200m
  • 11時50分 決勝 男子200m
  • 22時15分 男子 35km競歩
7月23日(土)
  • 09時40分 予選 女子4×100mリレー
  • 10時05分 予選 男子4×100mリレー
  • 10時35分 準決勝 女子800m
  • 11時15分 決勝 女子400m
  • 11時35分 決勝 男子400m
  • 11時50分 決勝 女子400mハードル
7月24日(日)
  • 03時20分 予選 女子100mハードル
  • 09時10分 予選 女子4×400mリレー
  • 09時40分 予選 男子4×400mリレー
  • 10時10分 決勝 男子800m
  • 10時25分 決勝 女子5000m
  • 11時30分 決勝 女子4×100mリレー
  • 11時50分 決勝 男子4×100リレー
  • 22時15分 男子 35km競歩
7月25日(月)
  • 09時05分 準決勝 女子100mハードル
  • 10時05分 決勝 男子5000m
  • 10時35分 決勝 女子800m
  • 11時00分 決勝 女子100mハードル
  • 11時35分 決勝 男子4×400mリレー
  • 11時50分 決勝 女子4×400mリレー

タイムテーブルを見てみると、人気種目の男子100mは初日から行われるんですね!

男女のマラソンも前半に組まれています。

 

スポンサーリンク



世界陸上2022の日本代表選手一覧

今大会に出場する日本人選手一覧です。※敬称略

男子

  • 100m   サニブラウン・A・ハキーム(タンブルウィードTC)
  • 5000m    遠藤 日向(住友電工)
  • 110mH      泉谷 駿介(住友電工)
  • 110mH      村武 ラシッド(順天堂大学)
  • 400mH      黒川 和樹(法政大学)
  • 3000mSC  三浦 龍司(順天堂大学)
  • 3000mSC  青木 涼真(Honda)
  • 走幅跳        橋岡 優輝(富士通)
  • マラソン    鈴木 健吾(富士通)
  • マラソン    星 岳(コニカミノルタ)
  • マラソン    西山 雄介(トヨタ自動車)
  • マラソン    其田 健也(JR東日本)※補欠
  • 20km競歩  山西 利和(愛知製鋼)
  • 20km競歩  高橋 英輝(富士通)
  • 20km競歩  池田 向希(旭化成)
  • 20km競歩  住所 大翔(順天堂大学)
  • 35km競歩  川野 将虎(旭化成)
  • 35km競歩  松永 大介(富士通)
  • 35km競歩  野田 明宏(自衛隊体育学校)

 

女子

  • 1500m/5000m 田中 希実(豊田自動織機)
  • 5000m    廣中 瑠梨佳(JP日本郵政G)
  • マラソン      一山 麻緒(ワコール)
  • マラソン      松田 瑞生(ダイハツ)
  • マラソン      新谷 仁美(積水化学)
  • マラソン   安藤 友香(ワコール)※補欠
  • 20km競歩    藤井 菜々子(エディオン)
  • 20km競歩    岡田 久美子(富士通)
  • 35km競歩    園田 世玲奈(NTN)

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「世界陸上2022はいつからで競技種目や日程は?日本人出場選手一覧も紹介!」と題してお伝えしてきました。

【世界陸上2022】

  • 日程:2022年7月15日(金)~7月25日(日)※日本時間:2022年7月16日(土)~7月25日(月)
  • 開催地:アメリカ・オハイオ州ユージーン(ヘイワード・フィールド※オレゴン大学敷地内)

※競技種目・タイムテーブル・日本人選手一覧はそれぞれ各項目を参考にして下さい。

2年ごとに行われてきた世界陸上ですが、今大会は東京オリンピックが延期したことを受けて、3年ぶりとなる開催です。

選手たちとってはオリンピックに次ぐ大きな世界大会となりますし、力も入ることでしょうね。

オリンピックで力を出し切れなかった選手たちにとっては挽回するチャンスとなります!

是非、メダルを目指して頑張ってもらいたいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました