パラリンピックユニバーサルリレーとは?ルールや日程や日本代表選手を紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

東京パラリンピックの陸上競技の新種目「ユニバーサルリレー」

今大会からの新種目ということもあり、注目されていますね!

そこで、どんな種目なのか?

ルールや日程、日本代表選手をご紹介したいと思います!

ユニバーサルリレーとは?

ユニバーサルリレーは、男女2名ずつでチームが構成されていて、1人100mずつ走ることになるので、合わせて400mの距離で競う競技です

「視覚障がい→立位の切断・機能障がい→脳性まひ→車いす」の順に走り、性別や障がいの枠を超えた種目となっています。

男女の走る順番は自由となっていて、通常のリレーのようにバトンを繋いでいくのではなく、タッチで次の走者へと繋いでいきます

やはり、リレー種目ということで、それぞれ条件の異なる選手同士のタッチがいかにスムーズに行えるかが「カギ」となります。



ユニバーサルリレーのルール

それでは、ユニバーサルリレーのルールをもう少し詳しく見ていきます。

①第1走~4走までの走者の障がいカテゴリーが決まっている。カッコ内は該当するクラス(赤文字は各障がいで最も軽いクラス)

  • 第1走者:視覚障がい(T11、T12、T13
  • 第2走者:切断・機能障がい(T42、T43、T44、T46T47、T61、T62、T63、T64)
  • 第3走者:脳性まひ(立位)(T35、T36、T37、T38
  • 第4走者:車いす(T33、T34、T51、T52、T53、T54

②各カテゴリーの中で最も障がいの軽いクラスの選手は最大「2名」まで。

③ 男女はそれぞれ2名ずつでメンバー構成されている。

④「バトン」は使用せずに、「タッチ」で次の走者に繋いでいく。

⑤ 次の走者に繋ぐための「テイクオーバーゾーン」は、通常のリレーと同様も30mとだが、第3走者から第4走者の区間(車いす走者へと繋ぐ区間))は40mとなっている



ユニバーサルリレーの日程や出場国

注目の「ユニバーサルリレー」の日程(予定)ですが、

【予選】

9月3日(金)午後0時10分~

【決勝】

9月3日(金)午後9時17分~

となっています。

予選は3組ありますが、日本は第2組に登場します!※国名の右隣の数字は、SB(シーズンベスト)です。

【予選1組】

  • イギリス 48.20
  • ブラジル 49.72
  • 中国 46.35

【予選2組】

  • フランス 50.02
  • 日本 48.14
  • アメリカ 46.94

【予選3組

  • RPC(ロシアパラリンピック委員会) 47.67
  • インドネシア 50.09
  • ドイツ 47.78
  • カナダ 50.38

SBを見ると、強敵は中国とアメリカでしょうか?



ユニバーサルリレーの日本代表選手

ユニバーサルリレーの出場選手は、

4名と発表されています!



まとめ

パラリンピックの陸上競技の新種目であるユニバーサルリレー。

2019年のドバイで行われた世界選手権では、日本代表チームはタッチミスもあり、決勝へと駒を進めることが出来ませんでした

その時のメンバーである澤田 優蘭選手は、その時の悔しさもあるでしょうし、今回は東京で行われるパラリンピック。

是非、決勝へと進んでもらって、メダル獲得を目指してもらいたいですね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました