春の高校バレー2022女子の優勝候補の予想と出場校一覧や注目選手を紹介!

スポーツ

いよいよ、2022年1月5日(水)から春の高校バレー「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会」が始まりますね!

今大会も2021年に引き続き、無観客での開催となり、開会式も行われません

また、会場となるのは、アニメ「ハイキュー!!」の中でも春高の舞台となっていた東京体育館とあって、アニメを知る選手にとってはより力が入る大会となるのではないでしょうか?

今回は、「春の高校バレー2022女子の優勝候補の予想と出場校一覧や注目選手を紹介!」と題して情報をお伝えしていきますので、最後までゆっくりとご覧くださいね。

スポンサーリンク



春高バレー2022の試合日程は?

まずは、春高バレーの概要から見ていきましょう!

【大会名】

〈ジャパネット杯〉春の高校バレー

「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会」

【会場】

東京体育館(渋谷区千駄ヶ谷)

【開催期間】

2022年1月5日(水)〜9日(日)

〈競技日程〉
1月5日(水):男女1回戦(5面・40試合)※開会式は行いません。
1月6日(木):男女2回戦(5面・32試合)
1月7日(金):男女3回戦、準々決勝戦(4面・24試合)
1月8日(土):男女準決勝戦(特設1面・4試合)
1月9日(日):男女決勝戦・閉会式(特設1面・2試合)

※無観客で開催されます。

〈春高バレー2022女子・組み合わせ〉

春高バレー】男子・東京学館新潟-橘 女子・長岡商-橘 組み合わせ決定 - バレーボール写真ニュース : 日刊スポーツ

スポンサーリンク



春高バレー2022女子の出場校一覧

春の高校バレー2022に出場する女子チームですが、52校あります。

北海道地区
  1. 札幌大谷(3年ぶり16回目)
  2. 旭川実(2年ぶり30回目)
東北地区
  • 青森:青森西(5年連続18回目)
  • 岩手:盛岡誠桜(2年ぶり26回目)
  • 秋田:秋田北(4年連続6回目)
  • 山形:米沢中央(2年連続11回目)
  • 宮城:古川学園(17年連続42回目)
  • 福島:郡山女大付(6年連続23回目)
関東地区
  • 茨城:日立二(2年連続3回目)
  • 栃木:国学院大栃木(35年連続36回目)
  • 群馬:高崎健康福祉大高崎(6年ぶり5回目)
  • 埼玉:細田学園(2年ぶり21回目)
  • 東京:①八王子実践(7年連続44回目)/②共栄学園(3年連続26回目)/③下北沢成徳(3年ぶり20回目)
  • 千葉:敬愛学園(3年連続11回目)
  • 神奈川:①川崎橘(4年連続27回目)/②大和南(4年ぶり15回目)
北信越地区
  • 山梨:帝京三(2年連続3回目)
  • 長野:東京都市大塩尻(4年連続9回目)
  • 新潟:長岡商(4年連続10回目)
  • 富山:富山一(9年連続14回目)
  • 石川:金沢商(20年連続47回目)
  • 福井:福井工大付福井(2年ぶり7回目)
東海地区
  • 静岡:静岡県富士見(2年ぶり2回目)
  • 愛知:岡崎学園(2年ぶり45回目)
  • 岐阜:岐阜総合学園(12年ぶり2回目)
  • 三重:三重(2年ぶり5回目)
近畿地区
  • 滋賀:近江兄弟社(2年ぶり13回目)
  • 和歌山:開智(8年ぶり6回目)
  • 奈良:奈良文化(4年連続4回目)
  • 京都:京都橘(2年ぶり24回目)
  • 大阪:①大阪国際滝井(3年連続23回目)/②金蘭会(11年連続11回目)
  • 兵庫:氷上(3年連続37回目)
中国地区
  • 岡山:就実(8年連続45回目)
  • 広島:進徳女(4年ぶり10回目)
  • 鳥取:米子北斗(5年ぶり4回目)
  • 島根:安来(3年連続38回目)
  • 山口:誠英(32年連続42回目)
四国地区
  • 香川:高松南(3年ぶり5回目)
  • 徳島:城南(3年連続13回目)
  • 愛媛:松山東雲(6年連続8回目)
  • 高知:高知(3年連続3回目)
九州地区
  • 福岡:八女学院(初出場)
  • 佐賀:佐賀清和(2年連続14回目)
  • 長崎:聖和女学院(2年連続6回目)
  • 熊本:熊本信愛女学院(2年ぶり33回目)
  • 大分:東九州龍谷(22年連続37回目)
  • 宮崎:都城商(2年連続9回目)
  • 鹿児島:鹿児島南(3年ぶり6回目)
  • 沖縄:首里(2年ぶり3回目)

以上出場52校の一覧です。

  • 東京都:3校
  • 北海道、神奈川県、大阪府:2校

※初出場校:八女学院

女子の出場校を見ても、常連校多数で、初出場はわずかに1校。

例えば、栃木の国学院大栃木を参考に見ると35年連続36回目となっていて、春高出場に関しては県内で35年間負けなしということですよね。

スポンサーリンク



春高バレー2022女子の優勝候補は?

まずは、前年度の覇者の就実ですね。

昨年のインターハイでも準優勝と実力がある所を見せていますし、就実高校が誇る最強ツインズと言われている深澤姉妹「めぐつぐ」に注目です!

そして、2020年優勝の東九州龍谷は、2018・2019年は準優勝、昨年はベスト4、大阪の金蘭会は、2018・2019年を連覇、下北沢成徳は昨年のインターハイを優勝、春高も2016・2017年と連覇していて、どの高校が優勝してもおかしくないですね!

また、前回準優勝の大阪国際滝井も侮れません。

【追記1/9】

春高バレー2022女子の優勝は「就実」でした!

昨年に続き、連覇となりましたね。

就実の深澤めぐみ選手MVPも獲得しています!

スポンサーリンク



春高バレー2022女子の注目の選手は?

2022年の春高バレー女子での注目選手は、色々と調べてみると、

  • 深澤つぐみ(就実)
  • 深澤めぐみ(就実)
  • 飯山 エミリ(東九州龍谷)
  • 熊谷 仁依奈(古川学園)
  • タピア アロンドラ(古川学園)
  • 吉武 美佳(金蘭会)
  • 谷島 里咲(下北沢成徳)
  • 古川 愛梨(下北沢成徳)

やはり、強豪校の選手が注目されますね。

それぞれ簡単に選手を紹介していきます!

深澤つぐみ(就実)

  • 学年:3年
  • 身長:176cm
  • 最高到達点:302cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 出身中学:就実中学

深澤姉妹の「妹」

就実では、キャプテンとして、姉のめぐみ選手とともに、チームを引っ張ります。

卒業後は、東レアローズの入団も決まっていて、全日本でも活躍している黒後愛選手や石川真佑選手がいますし、今後の活躍も楽しみですね。

深澤めぐみ(就実)

  • 学年:3年
  • 身長:176cm
  • 最高到達点:302cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 出身中学:就実中学

深澤姉妹の「姉」

中学時代からその実力を見せていて、U15代表(全日本)にも選出され海外遠征もしています。

昨年の春高は、エースナンバー「4」を背負って優勝に貢献し、個人ではMVPも獲得しています。

卒業後は、久光スプリングスへの入団も決まっていて、ここでどんな活躍を見せるか注目ですね!

飯山 エミリ(東九州龍谷)

  • 学年:2年
  • 身長:184cm
  • 最高到達点:295cm
  • ポジション:ミドルブロッカー
  • 出身中学:吉野東中学校

日本人の父とロシア出身の母を持つハーフの選手です。

中学時代には、鹿児島選抜として、JOCジュニアオリンピックカップにも出場し、高校はバレーの強豪校である東九州龍谷に進学、昨年の春高では1年生ながら主力として活躍しました。

熊谷 仁依奈(古川学園)

  • 学年:2年
  • 身長:165cm
  • 最高到達点:277cm
  • ポジション:セッター
  • 出身中学:仙北

1年次から活躍を見せていた選手。

昨年の春高バレーでは、多彩な攻撃パターンを繰り出し、セッターとして注目される選手です。

タピア アロンドラ(古川学園)

  • 学年:2年
  • 身長:195cm
  • 最高到達点:320cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 出身:ドミニカ共和国

バレーボールを始めたのは、中学1年の時で、古川学園の岡崎監督が、ドミニカ共和国を視察したときに声をかけられ、中学3年の12月に来日した留学生です。

女子U18世界選手権でドミニカ代表として全試合に出場したこともあり、ワールドクラスで活躍が見込まれる期待の選手です。

吉武 美佳(金蘭会)

  • 学年:3年
  • 身長:182cm
  • 最高到達点:300cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 出身中学:大木

金蘭会では、1年生からレギュラーとして活躍。

2016年にU15に選出、それ以降もU17・U18にも選出されてきた将来が楽しみな選手です。

卒業後は、深澤めぐみ選手と同じ、久光スプリングスへの入団が決まっています。

谷島 里咲(下北沢成徳)

  • 学年:2年
  • 身長:172cm
  • 最高到達点:297cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 出身中学:八郷

2年生エースとしてチームを牽引する谷島選手。

昨年のインターハイでは優勝していて、その勢いを今大会へと繋げることが出来るか注目です!

古川 愛梨(下北沢成徳)

  • 学年:2年
  • 身長:184cm
  • 最高到達点:300cm
  • ポジション:ミドルブロッカー
  • 出身中学:加治木

古川選手は、「木村沙織2世」とも称されている注目の選手。

高校へも下北沢成徳の小川監督からのスカウトで入学していて、10年に1人の逸材との評価を受けています。

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「春の高校バレー2022女子の優勝候補の予想と出場校一覧や注目選手を紹介!」と題して情報をお伝えしてきました。

男子と同様に、女子も強豪校が揃い、どのチームが勝ってもおかしくないと思います!

中でも注目は、昨年の優勝校である就実

双子の深澤姉妹「めぐつぐ」がどんなプレーを見せてくれるか楽しみですね!

その他にも将来の日本代表候補も多数いて、レベルの高いプレーが見れそうですよね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました