北京パラリンピック2022の競技種目や日程は?会場についても調べてみた!

スポーツ

北京パラリンピック2022の開催まで1週間となりました!

パラリンピックでは、どんな競技種目があるのか、またオリンピックと同じ会場で競技が行われるのか気になりませんか?

そこで今回は、「北京パラリンピック2022の競技種目や日程は?会場についても調べてみた!」と題してお伝えしていきますので、最後までゆっくりとご覧くださいね!

↓こちらにも注目!

北京パラリンピック2022の開会式・閉会式の日程はいつで何時何分から?放送予定やマスコットも調べてみた!

スポンサーリンク



北京パラリンピック2022の競技種目や日程は?

北京パラリンピックですが、6競技78種目が行われる予定です。

その6競技ですが、大きく雪上と氷上で行われる競技の2つに分かれ、それぞれ以下の通りとなっています。

  • 雪上競技:アルペンスキー、クロスカントリースキー、バイアスロン、スノーボード
  • 氷上競技:パラアイスホッケー、車いすカーリング

オリンピックと比べると競技数は少ないのですが、それだけに選手層も厚い競技もありそうですよね。

以下に各競技とその日程をまとめてみました。

競技種目と競技日程一覧

※主な競技日程は下記の通りとなっていますが、日程が変更になる場合があります。

3月5日(土)
  • パラアイスホッケー:予選(4試合)
  • 車いすカーリング:予選リーグ(2試合)
  • パラアルペンスキー:男女滑降
  • パラバイアスロン:男女6km(立位・座位・視覚障害)
3月6日(日)
  • パラアイスホッケー:予選(4試合)
  • 車いすカーリング:予選リーグ(3試合)
  • パラアルペンスキー:男女スーパー大回転
  • パラクロスカントリースキー:男子18km(座位)/女子12km(座位)
  • パラスノーボード:男女スノーボードクロス予選
3月7日(月)
  • 車いすカーリング:予選(3試合)
  • パラクロスカントリースキー:男子20kmクラシカル(立位・視覚障害)/女子15kmクラシカル(立位・視覚障害)
  • パラスノーボード:男女スノーボードクロス決勝
3月8日(火)
  • パラアイスホッケー:予選(4試合)
  • 車いすカーリング:予選リーグ(3試合)
  • パラアルペンスキー:男女スーパー複合(前半:スーパー大回転/後半:回転)
  • パラバイアスロン:男女10km(座位・立位・視覚障害)
3月9日(水)
  • パラアイスホッケー:順位決定予備戦(2試合)
  • 車いすカーリング:予選リーグ(3試合)
  • パラクロスカントリースキー:男女スプリント(予選~決勝)
3月10日(木)
  • パラアイスホッケー:7位・8位決定戦
  • 車いすカーリング:予選リーグ(3試合)
  • パラアルペンスキー:男子大回転
3月11日(金)
  • パラアイスホッケー:準決勝(2試合)/5位・6位決定戦
  • 車いすカーリング:準決勝/3位決定戦
  • パラアルペンスキー:女子大回転
  • パラバイアスロン:男女12.5km(座位・立位・視覚障害)
  • パラスノーボード:男女バンクドスラローム予選
3月12日(土)
  • パラアイスホッケー:3位決定戦
  • 車いすカーリング:決勝
  • パラアルペンスキー:男子回転
  • パラクロスカントリースキー:男女10kmフリー(視覚障害・立位)/男女7.5km(座位)
  • パラスノーボード:男女バンクドスラローム決勝
3月13日(日)
  • パラアイスホッケー:決勝
  • パラアルペンスキー:女子回転
  • パラクロスカントリースキー:男女混合リレー/リレー(性別制限なし)

 

スポンサーリンク



北京パラリンピック2022の競技会場は?

北京パラリンピック2022は、オリンピックと同じ会場で行われます。

その会場ですが、北京・延慶・張家口の3つに競技ゾーンがあり、6会場あります。

【北京ゾーン(Beijing Zone)】

国家体育場(通称:鳥の巣):開会式、閉会式

 

この投稿をInstagramで見る

 

taka(@taka.japan.tokyo)がシェアした投稿

国家体育館:パラアイスホッケー

国家水泳センター:車いすカーリング

【延慶ゾーン(Yanqing Zone)】

国家アルペンスキーセンター:アルペンスキー

【張家口ゾーン(Zhangjiakou Zone)】

国家バイアスロンセンター:クロスカントリースキー、バイアスロン

雲頂スノーパーク:スノーボード

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「北京パラリンピック2022の競技種目や日程は?会場についても調べてみた!」と題してお伝えしてきました。

北京パラリンピック2022の競技数は、6競技となっていますが、障がいのクラス分け等もあり、種目数にすると78もの数になります。

また、競技が行われる会場は、障がいがあるとは言っても一流のアスリートでもあるため、オリンピックと同じ会場で競い合います。

健常者にも引けを取らない素晴らしい技術や迫力のあるスピードを競う競技もあり、目が離せませんよ!

是非、パラリンピックも楽しんでもらいたいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました