木村敬一の彼女や結婚は?両親(父親母親)や姉妹など家族構成も紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

東京パラリンピックの競泳日本代表の木村敬一選手

クラスは「視覚障害S11」で、今回の東京を含め3大会連続でパラリンピックに出場しています。

前回のリオでは、金メダル候補と言われながらも金メダルの数は「0」に終わってしまい、今回の東京での雪辱なるかに注目です

今回は、そんな木村敬一選手は「結婚しているのか?」

また、「両親や姉妹など家族構成は?」について調べてみました。

そこで、「木村敬一の彼女や結婚は?両親(父親母親)や姉妹など家族構成も紹介!」と題して、お伝えしていきます。

木村敬一の彼女や結婚はしている?

まずは、木村選手に彼女がいたり、結婚されているのか?ですが、そういった情報はありませんでした

なので、独身ですね。(2021年8月現在)

リオ大会では、銀メダルと銅メダルを合わせて4つ獲得していましたが、金メダルは「0」。

木村選手自身、金メダルにこだわりを持たれていたので、それを考えると東京パラリンピックが終わるまでは、競技に専念すると思われますし、彼女の存在やましてや結婚は考えられないかもしれませんね

ただ、9月で誕生日を迎え「31歳」となりますので、もし彼女がいたとしたら、東京パラリンピックが終了した後に「結婚」ということもあり得るかもしれません。

ちなみに、木村選手の好みのタイプは、広瀬すずさんだそうですよ!

また、彼女はいないということですが、アメリカへ単身で修行に行かれていた時の練習パートナーのマケンジー・コーン選手とは仲良くされていたようです。

彼女のことは、「最強のトレーニングパートナー」と仰っていて、練習以外でも車での送迎をしてくれていたそうですよ。

同じ競技で頂点を志すものとして、お互いに尊重し合っていた仲間ということでしょうか?

ですが、「最強の」と強調していることを考えると、友達以上の存在かもしれませんね。

こんなツイートもされていたので、時々連絡は取りあっているようですね。

木村選手は、 誰とでも打ち解けて仲良くなれる性格なのか、アメリカに留学中は多くの方との交流もあったようなので、将来的には国際結婚なんて話も出てくるかもしれませんね。

電子書籍・紙書籍どちらも購入できます!

木村敬一の両親や家族構成は?

次に、木村選手の家族構成を見ていきましょう。

木村選手の家族構成は以下の通りとなっています。

【家族構成】
  • 父親:木村稔
  • 母親:木村正美
  • 姉:?
  • 本人:木村敬一
  • 妹:木村めぐみ

父親と母親、そしてお姉さんと妹さんがいて、ご本人と合わせて5人家族です。

それぞれご紹介していきます。

木村敬一の両親(父親・母親)

出典:京都新聞

木村選手の父親は、「稔さん」です。

稔さんの年齢は62歳で、「会社員」として働いていらっしゃるようです。

そんな稔さんですが、木村選手に色々な経験をして欲しいと、スポーツなど様々なことに挑戦させてきたそうです。

目は見えなくても、「手触り」や「音」、「匂い」などを幼い頃から感じて欲しかったと以前取材を受けていた際にコメントされていました。

そして、木村選手の母親は、「正美さん」です。

正美さんの年齢は、60です。

木村選手が水泳を始めたきっかけは、正美さんが勧めたからだそうですよ

幼いころから外で遊ぶことが好きだったそうですが、怪我も多かったことから、水の中なら怪我もしないだろうということで始めたそうです。

また、木村選手は小学生の時から寮生活だったため、実家には週末にしか帰れなかったこともあり、その際は木村選手の好物のカレーライスや焼肉などを用意して待っていたというエピソードもありました。

木村敬一の姉妹

木村選手には、お姉さんと妹さんがいます

お姉さんに関しては、情報がなく、どんな方なのかわかりませんでしたが、妹さんに関しては、名前が判明していました。

会場で声援を送った木村選手の妹のめぐみさん(21)は「重圧もあったと思うけれど、5日間、全力で泳ぎ切ってくれたのでよかった。おつかれさまと声をかけたい」と話した。

出典:朝日新聞(2016年9月)

上記の記事にあるように、妹さんの名前は「めぐみさん」です。

めぐみさんの年齢は、26歳前後だと思われます。(※2016年の取材時は21歳だったため。)

それ以外の情報はありませんでした。



木村敬一のプロフィールや経歴は?

木村選手のプロフィールや経歴を見ていきます。

  • 名前:木村 敬一(きむら けいいち)
  • 生年月日:1990年9月11日
  • 年齢:30歳(2021年8月現在)
  • 身長:171cm
  • 体重:68kg
  • 出身地:滋賀県栗東市
  • 学歴:滋賀県立盲学校(小学部)→筑波大学付属盲学校(現・筑波大学付属視覚特別支援学校)→日本大学文理学部
  • 所属:東京ガス

木村選手は、2歳の時に先天性疾患(増殖性硝子体網膜剥離)によって全盲となってしまいます

医者からは、見えるようにはならないと言われていたようですが、ご両親は何とか見えるようにしたいと2歳の時期に手術を3回受けさせていて、4カ月にも渡る入院生活を送っていたそうです。

ですが、結果的に見えることはなく、そのため父親の稔さんは先ほども紹介したように、「目は見えなくても、「手触り」や「音」、「匂い」などを幼い頃から感じて欲しかった」と様々なことに挑戦させてきたという訳です。

そして、小学校4年生から水泳を始めると、メキメキと上達し、記録も伸びていきます。

筑波大学付属盲学校の中等部へ進学後も水泳部に所属し、人並み以上に練習に打ち込んできましたが、そんな姿を見た寺西真人コーチから、「本格的に競泳をやらせたい」と進言があり、今に繋がっています。

そして、高校3年生の時に、パラリンピックへ初出場し、100m自由形と100m平泳ぎで5位となっています

木村敬一の主な成績

木村選手の2012年ロンドンパラリンピック以降の主な国際大会の成績を挙げておきます。

◆2012年9月ロンドンパラリンピック

  • 100m平泳ぎ SB11 銀メダル
  • 100mバタフライ S11 銅メダル
  • 100m自由形 S11 5位
  • 50m自由形 S11 5位

◆2013年IPC世界水泳選手権大会モントリオール

  • 100m自由形 SB11 金メダル
  • 100m平泳ぎ SB11 金メダル
  • 50m自由形 S11 銀メダル
  • 200m個人メドレー SM11 銅メダル
  • 100mバタフライ S11 銅メダル

 ◆2015年IPC世界水泳選手権大会グラスゴー

  • 100m平泳ぎ SB11 金メダル
  • 100mバタフライ S11 金メダル
  • 50m自由形 SM11 銀メダル
  • 200m個人メドレー SM11 銅メダル

◆ 2016年9月リオデジャネイロパラリンピック

  • 50m自由形 S11 銀メダル
  • 100m平泳ぎ SB11 銅メダル
  • 100mバタフライ S11 銀メダル
  • 100m自由形 S11 銅メダル
  • 200m個人メドレー SM11 4位

主な成績を見ると、やはりパラリンピックでの「金メダル」が欲しいでしょうね!

リオではあと一歩のところで届かなかったので、今大会こそは「金メダル」を取ってほしいですね。



まとめ

今回は、「木村敬一の彼女や結婚は?両親(父親母親)や兄弟など家族構成も紹介!」と題してお伝えしてきました。

2021年8月現在、

◆彼女がいるとか結婚をしているといった情報はありません

◆【家族構成】5人家族

  • 父:実さん
  • 母:正美さん
  • 姉:?
  • 本人(敬一さん)
  • 妹:めぐみさん

上記のようになっています。

また、前回のリオでは金メダル候補と言われながらも、金メダルは「0」に終わってしまったので、今大会での金メダル獲得に期待したいですね!

皆さんも是非注目してみて下さい!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました