村瀬心椛の出身中学校や高校や家族構成は?身長などwiki風プロフィールも紹介!

スポーツ

2018年にノルウェーで行われた、XGamesのビッグエアにて、13歳という若さで優勝し知名度を上げた、村瀬心椛(むらせ ここも)さん。(以降「ここも」と記載)

2022年開催予定の北京オリンピックでも金メダル候補と言われ、期待が高まっています。

多くの大会で実績を残してきた彼女ですが、一体どんな人なのでしょうか?

今回は、ここもさんの基本的なプロフィール、出身小学校・中学・高校、家族構成、主な戦績をご紹介します!

 

 

スポンサーリンク



村瀬心椛のwiki風プロフィール

  • 名前:村瀬 心椛(むらせ ここも)
  • 年齢:17歳(2022年1月現在)
  • 生年月日:2004年11月7日
  • 出身:岐阜県岐阜市
  • 身長:153cm
  • 体重:45kg
  • 血液型:非公開
  • 所属:ムラサキスポーツ
  • 出場種目:スロープスタイル/ビッグエア
  • 得意技:バックサイドダブルコーク1260

ここもさんは、4歳の頃からスノーボードを始めました。

プロのスノーボーダーにあこがれながら練習を重ね、小学5年生の時に「WORLD ROOKIE FINALS」という国際大会に初めて出場して優勝し、プロのスノーボーダーになりました。

種目は、スロープスタイルとビッグエアで、武器は「バックサイドダブルコーク1260」です。

 

スポンサーリンク



村瀬心椛の出身小学校や中学や高校は?

ここでは、ここもさんの学歴を見ていきたいと思います。

出身小学校

出身小学校は、岐阜市立合渡小学校です。

岐阜県出身なので、実家に近い学校なのでしょうね。

ここもさんは、小学5年生の時に国際大会で優勝し、プロになりました。

その頃から、世界レベルのスノーボーダーを意識し始めたそうですよ。

出身中学校

出身中学は、岐阜市立岐阜西中学校です。

中学1年生の時に、XGamesのビッグエアで優勝しました。

13歳で優勝したというだけでなく、平昌オリンピックビッグエアの金メダリストであるアンナ・ガッサーを抜いての優勝となったので、ここもさんは世界的に有名になりました。

出身高校

出身高校は、岐阜第一高等学校で、現在も在学中です。

部活はスキー部に所属しているそうで、ここもさんの実績がホームページに掲載されていました。

学校にはトレーニングルームがあるらしく、そこで体を鍛えているみたいですよ。

 

スポンサーリンク



村瀬心椛の父母や姉妹など家族構成は?

ここもさんの家族構成は、父(功一さん)・母(梨沙さん)・ここもさん・次女(由徠さん)の4人家族です。

お父さんは趣味でスノーボードをやっていたそうで、平日でもナイターで滑りに行っていたそうです。

ここもさんは4歳の頃、家族でゲレンデに行ったことがあったようですが、お父さんのスノーボードを見てかっこいいと思ったことで、スノーボードを始めたそうです。

次第に滑れるようになってきたここもさんを見て、お父さんは次にスノーボードのキャンプに参加させました。

すると、参加者の年上のお兄さんやお姉さんに感化されて、どんどんスノーボードにのめり込んでいったようです。

他にも、「HYWOD」というプロのスノーボードチームのDVDにハマって、こんなジャンプを自分もしてみたい!と思ったそうですよ。

そして今や、多くの世界大会で活躍する凄い選手になりました。

ちなみに、妹の由徠(ゆら)さんもプロのスノーボーダーだそうです。

4歳からスノーボードを始め、2017年のJSBAスノーボード選手権大会で準優勝し、女子スノーボード史上最年少の10歳でプロ資格を獲得したそうですよ。

姉のここもさんと同じく、スノーボードの実力を開花させているゆらさん。

姉妹ともに、今後の活躍にも目が離せませんね。

 

スポンサーリンク



村瀬心椛の主な戦績は?

ここもさんは、様々な大会で戦績を残していますが、その中でも特に印象的な戦績をご紹介します。

XGames(ビッグエア)

ここもさんの知名度を上げた、XGamesビッグエアの大会です。

この大会でここもさんは、バックサイドダブルコーク1080と1260を決め、平昌オリンピック金メダリストのアンナ・ガッサーを抜いて優勝しました。

アンナ・ガッサーは2本目3本目に失敗してしまい、実力を出せなかったこともあるのですが、このことがきっかけでここもさんは一躍有名になれたそうです。

ちなみに、この大会には岩渕麗楽さんも出場していて、5位という高成績を残しています。

2人の日本選手が活躍した、良い大会でした。

FISワールドカップ (スロープスタイル)

2022年1月1日にカナダで開催された、FISワールドカップのスロープスタイルです。

レールの上でボードを回したり、ジャンプの時にボードをつかんだりと、次々にトリックを決めています。

安定感のある気持ちのいい滑りで優勝しています。

2022年、幸先の良い始まりですね。

この滑りを、北京オリンピックでも見られるのか、期待が高まります。

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、ここもさんの基本的なプロフィール、出身小学校・中学・高校、家族構成、主な戦績をご紹介しました。

【出身小学校】

  • 岐阜市立合渡小学校

【出身中学】

  • 岐阜市立岐阜西中学校

【出身高校】

  • 岐阜第一高等学校※現在も在学中

【家族構成】

  • 父・母・長女・次女の4人家族
  • ここもさんは長女
  • 次女の由徠さんもプロのスノーボーダー

【主な戦績】

  • 2018年:XGames(ビッグエア)優勝
  • 2021年:FISワールドカップ(ビッグエア)優勝
  • 2022年:FISワールドカップ(スロープスタイル)優勝

ここもさんは現在17歳ですが、世界に匹敵するほどの実力を持っています。

北京オリンピックでは、どんな活躍を見せてくれるのか。

彼女の活躍に注目ですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました