県民割全国拡大(全国旅行支援)はいつから?予約済みの場合はどうなる?

ニュース

現在、「Go Toトラベル」の再開予定は未定のままですが、地域観光事業支援として「県民割」が都道府県ごとに行われています。

令和4年4月1日から都道府県間の同意を前提として、支援対象に同一の地域ブロックにある都道府県が追加となり、県民割の支援対象が拡大されています。

また、2022年6月15日に岸田総理の記者会見が行われ、「6月中の感染状況を見極めて、状況改善が確認できれば、7月前半より全国を対象とした観光需要喚起策を実施する」とコメントされています。

そこで今回は、「県民割全国拡大(全国旅行支援)はいつから?予約済みの場合はどうなる?」と題してお伝えしていきますので、最後までゆっくりとご覧くださいね。

 

県民割全国拡大(全国旅行支援)はいつからいつまで?

まずは「県民割」についてですが、調べてみると、GoToトラベルが再開するまでの代替として、感染状況が落ち着いている都道府県を対象に、観光庁が観光支援策を財政的に支援をするために実施しています。

その期間は、2021年4月1日~2022年7月14日宿泊分まで(※2022年6月30日一杯の予定でしたが、一部の地域で延長されています)となっています。

また、6月の感染状況を見極めた上での判断となりますが、7月前半から制度を変更する形で、全国を対象とした観光需要喚起策「全国旅行支援」を行うと発表しています。

ということは、「県民割」としてではなく、新たに「全国旅行支援」へ変わるということですね。

その気になる実施期間ですが、

2022年7月前半~8月末まで

となっています。

おそらくは、「県民割」が7月14日まで延長となっているので、感染状況を踏まえてにはなりますが、7月15日から実施する可能性が高いと予想できます。

なお、8月中旬のお盆の期間は除外になる見込みで、詳細は後日発表となります。

県民割と全国旅行支援の違いは?

ここでは、従来の「県民割」と「全国旅行支援」の違いについて、ご紹介していきます。

大きく見てみると、以下の通り5つの違いがあります。(※「県民割」➡「全国旅行支援」)

①割引率:最大50%OFF➡一律40%OFF

②割引上限:5000円OFF➡交通付き宿泊 8000円OFF(それ以外は5000円OFF)

③クーポン:平日・休日共に最大2000円分➡平日3000円分/休日1000円分

④最大補助金額:7000円(※1)➡11000円(※2)

  • ※1旅行代金最大5000円OFF+クーポン最大2000円分
  • ※2交通付き宿泊8000円OFF+クーポン平日3000円分

⑤対象:近隣県➡全国(※実施を希望しない都道府県からの申し出により、”当該都道府県を目的地とする旅行”を支援対象から除外する)

割引率は一律40%と、「県民割」の最大50%より下がりますが、マイカーではなく、公共交通機関を利用した平日の旅行の場合は、「県民割」よりもお得になりますね。

ちなみに、「全国旅行支援」ですが、7月前半から予定通り実施されたとしても、全ての都道府県を対象とした割引ではない場合もあります。

上記の⑤にあるように、「実施を希望しない都道府県からの申し出」があった場合、”当該都道府県を目的地とする旅行”は除外されます。

これについては、感染状況による社会情勢の悪化等によって、対象外になる都道府県が出てくる可能性があるということですね。

国土交通省観光庁公式HP

詳細については、観光庁のHPを参照してください。

※現在、楽天トラベルには、お得なツアーがたくさんあります!

◆【国内ツアー売れ筋ランキング】◆ ※2022年6月6日更新(引用:楽天トラベル

1位:リザン シーパークホテル谷茶ベイ

2位:カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

3位:ルネッサンスリゾートオキナワ

4位:沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

5位:ホテル日航アリビラ

国内ツアーでは、沖縄が大人気となっています!

是非、参考にしてみて下さいね。

 

公式サイトはこちら!

県民割全国拡大(全国旅行支援)の割引を受けるには?

割引を受けるための条件は、本人確認書類などに加え、ワクチン接種歴3回接種済または PCR検査等の陰性結果の証明が必要となっています。

これは、これまでの「県民割」と同じですね。

ちなみに、「県民割」は上記に加え、

※県内旅行は知事判断により従来の運用も可能➡ワクチン2回接種 or 陰性の検査結果
※12歳未満は監護者同伴を条件に検査不要
も適用されています。
「全国旅行支援」についてですが、上記の「県内旅行は知事判断により従来の運用も可能」についてはまだ未定ということで、はっきりとした条件は確定していないようです。

全国旅行支援の予約や利用方法は?

詳細についてはまだ発表されていませんが、「県民割」と同様の方法と想定すると、その内容や予約開始期間等についても各都道府県によって違いがあると思われます。

そのため、「旅行先」である各都道府県が実施するキャンペーン等へアクセスをする形になるのではないでしょうか?

旅行の申し込みについては、キャンペーンに参加する楽天トラベルなどの旅行予約サイトや、旅行会社、宿泊施設などから申込みを行います

詳細については、「全国旅行支援」の実施が正式に決定された後、準備のできた都道府県から随時情報が発表される見込みとなっているそうです。

 

県民割全国拡大(全国旅行支援)の割引は予約済みの場合はどうなる?

ここで気になるのが、予約済みの旅行について、「全国旅行支援」への適用ができるのかではないでしょうか?

調べてみると、観光庁は予約済みの旅行について、「全国旅行支援」の適用を“現在検討中”としています。

国土交通省観光庁公式HP

予約済みの旅行についても割引を後からでも適用できれば良いですが、「県民割」と同様と仮定すると、例えば既に8月に旅行の予約をしている場合、その予約は「全国旅行支援」への適用はできません。

上記は、新潟県内にあるホテルのツイートですが、「県民割」については「既存の予約に後から適用することはできません」としっかりと書かれています。

また、楽天トラベルを見てみると、「県民割・ブロック割」「ご当地クーポン」についての内容ですが、

「県民割・ブロック割」「ご当地クーポン」は、予約成立後に適用することはできません。 クーポンの利用をご希望の場合は、各キャンペーンページにてご利用条件をご確認の上、一度ご予約をキャンセルし、再度ご予約をお取り直しください。

出典:楽天トラベル

と書かれていて、後から適用はできません。

ちなみに、「全国旅行支援」については、

詳細が決まり次第、楽天トラベルサイト内にて発表いたします

出典:楽天トラベル

となっていましたので、詳細が分かれば追記したいと思います。

他の旅行予約サイトや旅行会社、宿泊施設等を調べてみても、「県民割」等の割引については、予約済みとなっている場合はあとからの適用は対象外となっていて、割引を受けるには予約の取り直しが必要になりそうです。

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「県民割全国拡大(全国旅行支援)はいつから?予約済みの場合はどうなる?」と題してお伝えしてきました。

  • 県民割➡全国旅行支援として実施
  • 実施期間➡7月前半~8月下旬(感染状況による)
  • 予約済みの場合➡「県民割」を参考にすると「適用外」(※ただし、検討中との情報あり)

「県民割」の全国拡大について見てきましたが、「県民割」がそのまま継続される訳ではなく、あらたに「全国旅行支援」として全国を対象とした事業となるようです。

最近はマイカーによる外出も増えていることから、公共交通機関の利用を促すため、そして人の流れを少しでも分散させるために、クーポンの割引率も平日に重点を置くなどの内容となっています。

詳細については、まだこれから発表となるようですが、新しい情報が分かれば追記したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました