池田陵真(大阪桐蔭)の出身中学校や小学校や高校での経歴は?兄弟など家族構成も紹介!

スポーツ
スポンサーリンク

2021年夏の甲子園である「第103回全国高等学校野球選手権大会」の優勝候補の筆頭として挙げられている大阪桐蔭高等学校

その大阪桐蔭のキャプテンでもある池田陵真選手は、今年2021年のドラフトの最有力候補として名前が挙がっています。

そこで今回は、「池田陵真(大阪桐蔭)の出身中学校や高校での経歴は?兄弟など家族構成も紹介!」と題してご紹介していきます。

池田陵真のプロフィール

まずは池田選手のプロフィールから見ていきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoki Akutagawa(@nao_baseball)がシェアした投稿

  • 名前:池田 陵真(いけだ りょうま)
  • 生年月日:2003年8月24日
  • 年齢:17歳(2021年8月現在)
  • 出身地:大阪府和泉市
  • 身長:172cm
  • 体重:85kg
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投右打
  • 遠投:105m
  • 50m走:6.1秒
  • 憧れの選手:森友哉(埼玉西武ライオンズ所属)
  • 趣味:筋トレ
  • 将来の目標:メジャーリーガー

趣味に「筋トレ」を挙げていることからも、外見は鍛え上げられた腕っぷしが目立ちます

池田選手は、身長は172cmとそれほど大きくはありませんが、体重を見ると85kgと結構ありますよね。

それもそのはずで、高校生ながらベンチプレスでは125kg、スクワットでは200kgを持ち上げるという力の持ち主。

ちなみに、2018年の「第4回 WBSC U-15 ワールドカップ」で日本代表だった中学3年時は、

  • 身長:170cm
  • 体重:72kg

だったことを考えると、高校に入ってから池田選手がどれだけ努力をしてきたのかが分かりますね。

また、過去のインタビューで憧れの選手を聞かれた時には、

森 友哉選手です。キャッチャーとしてもそうなんですけど抜群のミート力とスイングの速さです。それと体の大きさも身長も僕位なので、僕も身長はもうあまり伸びる事はないと思うので、力をつけるしかないので。タイプの似た選手として憧れを持っています。

出典:高校野球ドットコム

とコメントしていて、当時の池田選手はキャッチャーとして活躍していたこともあり、同じポジションでもある森友哉選手を挙げていました。

出典:侍ジャパン公式(甲子園出場時の森友哉選手)

確かに体格も似ていて、森選手の高校3年時の体格は、

  • 身長:170cm
  • 体重:80kg

と池田選手とほぼ同じような数値で、下半身の安定感に定評がありました。

そして、池田選手には、将来の夢として「メジャーリーガー」という大きな目標もあります。

是非ともメジャーでも通用する逸材となってもらいたいですね!



池田陵真の小学校・中学校・高校までの経歴

ここで、池田選手の出身小学校や中学校、そして現在の大阪桐蔭での経歴をそれぞれ見ていきたいと思います!

池田陵真の小学校時代の経歴

池田選手の出身小学校は、和泉市立国府小学校です。

 

池田選手は、小学校1年生の時に「和泉サークルズ少年野球部」というチームに所属し、野球を始めています。

2歳上のお兄さんが先に野球をしていたのを見て、「やりたいなぁ」と思ったことがきっかけだそうですよ

そして、小学校6年生の時には、「オリックス・バファローズジュニア」に選出されるなど、小学校時代からその実力は評価されていたようですね。

ちなみに、小学校時代は主に「1番バッター」として活躍していて、足にも自信があったそうです

池田陵真の中学校時代の経歴

池田選手の出身中学校は、和泉市立和泉中学校です。

中学生時代は、「忠岡ボーイズ」という硬式野球チームでプレーをしていました。

忠岡ボーイズのOBにはMLBのミネソタ・ツインズに所属の前田健太選手がいるよ!

1年生の時の2016年には、「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」日本代表に選ばれています。

そして、3年生の時には、「侍ジャパンU-15」にも選ばれ、主将兼4番打者としてチームを引っ張り、世界4位に貢献しました。

その時のコメントはこちら↓

アピールポイント「長打力です」と話しているように、下半身の強化と共に、長打力を磨くために、ヘッドスピード上げるための自主トレを行っているそうです。

その練習方法が、以下の通り、重いバットを振ってから軽いバットを振るというもの

家で自主練として振っているのは1.2キロです。それに800グラムのおもりをつけて素振りしてます。重たいバットを振ってから軽いバットで、バットの重さを感じながらバットに重心を置いて振るイメージもしています。

出典:高校野球ドットコム

この自主トレが、今の池田選手に繋がっている訳ですね!

池田陵真の高校時代の経歴

池田選手が現在在学している高校は、大阪桐蔭高等学校です。

中学卒業後は、たくさんの高校から誘いがあったそうですが、2012年の大阪桐蔭高校の春夏連覇の瞬間を甲子園で観戦していたことが決め手となり、大阪桐蔭高校に進学を決めたそうです。

その大阪桐蔭では、1年生の秋から背番号8番でベンチ入りしています

最初は、下位打線から試合に出場していましたが、大阪府大会の5回戦から1番バッターとして出場。

打率.472の活躍を見せ、大阪桐蔭高校ので近畿大会準優勝に貢献しました。

そして、2年生になると、秋には主将兼4番バッターとして大阪府大会優勝(打率.600・3本塁打)、その後の近畿大会でも2年連続準優勝と貢献。

3年生になると、春の選抜では優勝候補として試合に臨みますが、前年秋の近畿大会の決勝戦の再現となる智弁学園との対戦「6対8」と敗れ、1回戦敗退となりました・・・。

その後も足の怪我の影響からか、7月初め頃まで不振に陥っていて、7月3日の練習試合でも高知高の森木大智投手と初対戦したのですが、4打席連続三振を喫していました

しかし、夏の予選では、

  • 打率.654(26打数17安打)
  • 打点14
  • 本塁打2

と復活しています

その夏の予選の準決勝北陽戦では、9回に同点弾を放ったり、さらに決勝の興国戦では自らサヨナラ勝ちを演出するなど、勝負強さもアピールし、甲子園に向けてキッチリと修正をしてくるあたり、やはり大物感が漂いますね



池田陵真の兄弟など家族構成は?

池田選手のご両親や、兄弟の詳しい情報は調べてみましたが、出てきませんでした

しかし、2つ上の兄の影響で野球を始めたとあるので、お兄さんがいらっしゃることは分かっています

その後も、お兄さんが野球を続けているかは分かりませんが、弟である陵真選手がドラフト候補として注目されていることに対しては、ご両親共々嬉しいことでしょうね

新しい情報が分かれば追記したいと思います。



まとめ

今回は、「池田陵真(大阪桐蔭)の出身中学校や高校での経歴は?兄弟など家族構成も紹介!」と題して、夏の甲子園でドラフト候補としても注目されている池田陵真選手をご紹介してきました。

3年時の春~夏の予選大会の直前までは、足の怪我の影響もあって、不振にも陥っていて心配もされていました。

ですが、本番に向けてキッチリと修正をしてきました

ドラフト前に甲子園ではしっかりと結果を残しておきたいでしょうし、池田選手個人としても大阪桐蔭のチームとしても、まずは「一勝」ですよね!

池田選手のアピールポイントである「長打力」を存分に発揮してもらえたらと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

畔柳亨丞の身長や出身中学などプロフィールや経歴は?今後はプロへ行くの?
いよいよ2年ぶりに夏の甲子園(第103回全国高校野球選手権)が始まります。 残念ながら今年も通常開催ではなく、無観客試合となりますが、仕方がありませんね。 ですが、昨年の「交流試合」とは異なり、トーナメント戦として例年通...
森木大智の身長や体重は?出身中学や小学校など経歴やプロフィールを紹介!
中学時代には軟式で最速150㎞/hという驚異の投球を見せ、「スーパー中学生」として注目を集めていた高知高等学校の森木大智選手ですが、第103回全国高校野球高知大会の決勝で、明徳義塾に5-3で敗れ、今年2021年の甲子園にも出場するこ...
松本龍哉(盛岡大付)の出身中学など経歴を紹介!父親や母親など家族構成は?
盛岡大学附属高校のドラフト候補でもある松本龍哉選手。 高校通算64本塁打を記録している世代屈指のスラッガーです。 今年の甲子園でも注目の選手の一人として、活躍が期待されています! そこで、今回は「松本龍哉(盛岡大付)の出身...
皆川岳飛(前橋育英)の出身中学など経歴は?兄弟や父親など家族構成も紹介!
前橋育英高校のドラフト候補である皆川岳飛選手は、今夏の全国高等学校野球選手権群馬大会で、3試合連続ホームラン(初戦で120m弾)を放った強打者であり、投手としても最速147㎞/hをマークしていて、肩の強さも併せ持っています。 ...
風間球打(明桜)の出身中学校や経歴は?両親(父親母親)や兄弟など家族構成も紹介!
今回の「第103回全国高校野球選手権大会」には、ドラフト候補として名前が挙がっている選手が多く、見どころもたくさんありますよね! そのドラフト候補の中でも、ノースアジア大明桜(秋田)の右腕・風間球打(3年)選手は、最速157k...
阪上翔也(神戸国際大付)出身中学や小学校など経歴は?身長や体重などプロフィールも紹介!
2021年夏の甲子園でドラフト候補として注目をされている阪上翔也選手は、兵庫県にある神戸国際大学付属高等学校の野球部に在籍しています。 投打の二刀流で活躍している選手で、投手としては最速147km/hの速球とスライダーを武器と...
徳丸天晴(智弁和歌山)の出身中学や経歴は?父親や兄弟など家族構成も紹介!
野球の名門「智弁和歌山高校」で、入学直後から4番を任されていた徳丸天晴選手。 身長185cmと体格にも恵まれ、高校通算本塁打は42本。 さらに、外野手兼三塁手でありながらも中学3年まで投手だったこともあり、140kmの最...

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


ニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました