北京オリンピック2022開会式の視聴率は?冬季オリンピック歴代視聴率一覧も紹介!

スポーツ

いよいよ北京オリンピック2022が開幕しましたね!

開会式も行われましたが、皆さんはご覧になりましたか?

今回の開会式に出席した日本人選手は13人と発表がありました。

前回の平昌オリンピックでは、寒さを懸念して体調管理を優先する選手も多かったそうですが、今回も「参加は選手や競技団体の判断」としていて、コンディションを最優先しての参加となっていたようです。

そして、その北京オリンピック2022の開会式の視聴率はどの位なのか?世界中から注目されるオリンピックですし、やはり気になって見てしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は「北京オリンピック2022開会式の視聴率は?冬季オリンピック歴代視聴率一覧も紹介!」と題して情報をお伝えしていきますので、最後までゆっくりとご覧くださいね!

↓こちらにも注目!

北京オリンピック2022の新種目は?追加の理由も紹介!
いよいよ第24回オリンピック冬季競技大会(北京2022)の開催まで、半月ちょっととなってきました。 昨年の夏季の東京オリンピック2020大会が終わったばかりですが、再びオリンピックを見ることが出来るとは何だか不思議な気分にもなります。...
北京オリンピック2022開会式の海外の反応は?日本の反応も紹介!
北京オリンピック2022の開会式はご覧になりましたか? 北京国家体育場(通称「鳥の巣」)で行われた開会式の総合演出を担当したのは、アカデミー賞に3度ノミネートされ、世界的に有名な映画監督チャン・イーモウ(張芸謀)氏で、2008年の夏季...
北京オリンピック2022選手村の食事はおいしい?口コミや評判でまずいとの噂を調べてみた!
北京オリンピック2022が始まって数日経ちますが、選手たちにとっての楽しみの一つは食事ではないでしょうか? 大会中は、選手たちには様々な種類の食事が提供されます。 北京オリンピックでは、人との接触を避けるための工夫が随所に見られ...
北京オリンピック2022閉会式の放送は日本時間の何時から?再放送やネット配信はある?
いよいよ17日間に渡って繰り広げられてきた冬のスポーツの祭典、「北京オリンピック2022」が幕を閉じます。 開会式は世界中から高評価だっただけに、閉会式にも注目があつまっています。 その閉会式の演出は、開会式を手掛けた映画監督の...

スポンサーリンク



北京オリンピック2022開会式の視聴率は?

現時点では、まだ発表されていませんので、発表され次第お伝えしていきます。

ちなみに、昨年夏に行われた東京オリンピック2020の開会式の視聴率は、世帯視聴率で56.4%(個人視聴率40.0%)を記録していました。※関東地区

やはり、国内で行われたオリンピックということが大きかったですし、注目度がかなり高かったこともあり、ここまでの数値となっていたのでしょう。

今回の北京オリンピックは中国での開催で、日本との時差は1時間ほど。

視聴しやすい時間帯に競技も行われますし、前回の韓国で開催された平昌オリンピックの視聴率が28.5%を記録していたので、それに迫る記録となる可能性が高そうですね。

【北京オリンピック2022】

  • 平均世帯視聴率:21.3%(関東地区)
  • 平均個人視聴率:13.2%(関東地区)

 

スポンサーリンク



北京オリンピック2022開会式の瞬間最高視聴率のシーンはどこ?

瞬間最高視聴率に関しても、情報が入り次第お伝えしていきます。

ちなみに、東京オリンピックでの瞬間最高視聴率は61・0%とかなり高い数値が出ています。

女優の真矢ミキさんが大工の棟梁を演じた、木やりうたとダンスパフォーマンスの場面や、各国の選手団の入場行進でアンゴラが行進する場面でした。

【北京オリンピック2022】

  • 瞬間最高世帯視聴率:25.2%(関東地区)
  • 瞬間最高個人視聴率:16.2%(関東地区)

日本選手団が行進する場面だったそうで、21時23分に記録されました。

 

スポンサーリンク



冬季オリンピック歴代視聴率一覧

ここで、記録として残っている「第11回の札幌オリンピック~第23回の平昌オリンピック」までの冬季オリンピックで放送された開会式の歴代視聴率を一覧でご紹介したいと思います!

※関東地区の平均視聴率を掲載しています。

【2018年2月9日19時55分~:第23回平昌オリンピック開会式(韓国)】

  • 平均視聴率:28.5%

【2014年2月7日25時08分~:第22回ソチオリンピック開会式(ロシア)】

  • 平均視聴率:13.7%

【2010年2月13日10時55分~:第21回バンクーバーオリンピック開会式(カナダ)】

  • 平均視聴率:25.4%

【2006年2月10日27時55分~:第20回トリノオリンピック開会式(イタリア)】

  • 平均視聴率:6.2%

【2002年2月9日10時55分~:第19回ソルトレークシティーオリンピック開会式(アメリカ)】

  • 平均視聴率:19.4%

【1998年2月7日11時00分~:第18回長野オリンピック開会式(日本)】

  • 平均視聴率:35.8%

【1994年2月12日23時58分~:第17回リレハンメルオリンピック開会式(ノルウェー)】

  • 平均視聴率:16.9%

【1992年2月8日24時50分~:第16回アルベールビルオリンピック開会式(フランス)】

  • 平均視聴率:5.0%

【1988年2月14日5時00分~:第15回カルガリーオリンピック開会式(カナダ)】

  • 平均視聴率:2.5%

【1984年2月8日22時15分~:第14回サラエボオリンピック開会式(ユーゴスラビア)】

  • 平均視聴率:17.2%

【1980年2月13日28時25分~:第13回レークプラシッドオリンピック開会式(アメリカ)】

  • 平均視聴率:0.7%

【1976年2月4日22時15分~:第12回インスブルックオリンピック開会式(オーストリア)】

  • 平均視聴率:15.5%

【1972年2月3日10時05分~:第11回札幌オリンピック開会式(日本)】

  • 平均視聴率:24.8%

こうして見ると、日本国内で行われた第11回札幌大会と第18回長野大会は特別としても、比較的見やすい時間帯で行われた開会式は、15%~30%と比較的高い数値を記録していて、やはりオリンピックはそれだけ注目されているということが分かりますね!

ただ、深夜遅くや早朝などの時間帯の放送では、かなり視聴率が低くなりますね。

これらを踏まえると、今回の北京オリンピックの視聴率は、金曜日21時からの放送であること今の日本の現状を考慮すると自宅で過ごされる方も多いと考えられることからも20%前後、もしくは前回の平昌に迫る記録となる可能性が高そうですね。

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「北京オリンピック2022開会式の視聴率は?冬季オリンピック歴代視聴率一覧も紹介!」と題して情報をお伝えしてきました。

夏季・冬季両方でのオリンピックが開催されるのは北京が初めてとのことで、注目された開会式だったと思います。

そのため、視聴率がどの位になるのか、瞬間最高視聴率はどのシーンはどこなのかを調べてみました!(※情報が分かり次第追記していきます!)

時差も日本と1時間ほどしか違わないので、見やすい時間帯であることを考えると、前回の平昌に迫る視聴率となると予想します!

注目競技も目白押しですし、北京オリンピック2022を楽しみつつ、選手たちを応援しましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました