米子がいな祭り花火2022の混雑状況は?穴場スポットや屋台や駐車場について調べてみた!

イベント

2022年8月20(土)・21(日)に、3年ぶりに「第49回米子がいな祭り」の開催が決定しました。

「米子がいな祭り」は、鳥取県米子市で行われる夏祭りで、郷土芸能の「米子がいな太鼓」や「米子がいな万灯」などが披露される米子市の夏の風物詩として親しまれています。

「がいな」とはこの地方の方言で「大きい」という意味。2日間に渡り、その”大きなお祭り”が開催され、太鼓ややんちゃパレード、駅前イベントなど盛りだくさんの内容となっています。

今回は、その「がいな祭り」のフィナーレに約6000発の花火が打ち上げられる「米子がいな祭り花火2022」についてご紹介したいと思います。

↓その他の花火大会はこちら!

◆現在、開催中のお得なクーポン・セール・キャンペーン一覧
お得な県民割クーポンはこちら!
↓注目のセール・キャンペーンはこちら!

 

スポンサーリンク



米子がいな祭り花火2022の日程や打ち上げ場所は?

「米子がいな祭り花火」の日程や打ち上げ場所ですが、下記の通りとなります。

  • 日程 2022年8月21日(日)
  • 時間 20時~20時45分(予定)
  • 場所 米子市西町 米子湊山公園

 

スポンサーリンク



米子がいな祭り花火2022の混雑状況は?

混雑状況についてですが、当日は10時~22時までの間、会場周辺の交通規制が行われる予定です。

昼間からお祭りも開催されますので、大変な混雑が予想されます。

JR米子駅から徒歩15分程の距離ですし、公共交通機関を利用するのが便利だと思います。

また、招待観覧席(有料)と障害者専用の「こころのやさしさスペース」(無料)が設けられます。一般の人も観覧できるとのことですので、そちらを利用すると混雑を避けて観覧できます。

招待観覧席は、祭り主催者から設置される席で、米子市民向けに寄付を募り、そのお礼としての「招待席」が用意されています。

花火有料招待観覧席チケットについて

事前に予約申し込みが必要です。(faxか、ネットの応募フォームにて応募)

※招待観覧席の申込期限は、8月12日(金)となっているので、お早めに!

一口、1万5千円で2m四方のスペースです。席数は400組で、通行許可書(普通車400台分)もセットです。

事前に観覧席を確保しておくと安心かもしれませんね。

過去の情報を見ると、駐車場「有」か「無し」かは選べたようですが、今年はその記載はないので、選択できない可能性もあります(※過去の花火大会時には1万円の「駐車場なし」の席がありました。)

 

「招待観覧席」の駐車スペースは、米子港岸壁を予定しています。一旦駐車した場合、混雑が見込まれるため、車輌の移動が制限されます。

また、例年交通渋滞が起こりますので、特に退出時は時間がかかることが予想されます。入場してから退場するまで3時間~4時間かかると予想されます。(花火終了後1時間程度)暑い時期となりますので、水などの水分や簡単な食べ物をご用意ください。

出典:米子がいな祭り公式HPより抜粋

 

スポンサーリンク



米子がいな祭り花火2022の穴場スポットは?

「米子がいな祭り花火」の穴場スポットを調べてみたので、いくつかご紹介しておきます。

米子湊山公園

穴場というよりも打ち上げ場所に近いですが、良い鑑賞スポットです。

普段からお出かけスポットとしても人気がありますし、昼間から楽しめる公園です。

駐車場もあるので、早めに行くと良いと思います。

錦海町1丁目公園

少し会場から離れていますが、見晴らしがよく花火を見るには丁度良い場所です。

混雑も少しは避けられると思います。

米子城跡

湊山公園のすぐ隣に位置する城跡です。

高台になっていて花火を見渡せるのと港に面しているので、眺めは最高に良い場所です。

ただ、城跡の少し険しい道を登らなくてはいけないので、服装と靴には要注意ですね。


 

穴場スポットは駐車場のある場所もありますが、台数が少ないので争奪戦が予想されます。

早めに行くか、コインパーキングなどを前もって調べておくなど、事前の準備が安心ですね。

 

スポンサーリンク



米子がいな祭り花火2022の屋台は?

今年の屋台の出店は、公式で発表されています

3年ぶりに屋台も復活する事になりました。過去の屋台の様子を調べてみました。

デコとは人形の意味です。人形焼き、餡は入っておらずほんのり味噌味の皮を楽しむそうです。

名物「でこまん」を始め、地鶏の串焼き、かき氷など屋台の定番メニューが出店していたようです。珍しいものでは「サメ釣り」がありました。

花火の開催時刻(15時終了)には屋台が終わっているとの事ですので、昼間の早めの時間に屋台を堪能できるようです。お祭りの醍醐味の屋台を楽しめると良いですね。

※ちなみに、会場では飲食と観覧のスペースを分け、食べ歩きを禁止するなど感染症対策を講じるとの情報もありました

 

スポンサーリンク



米子がいな祭り花火2022の駐車場は?

駐車場についてですが、臨時駐車場の設置はありません

招待観覧席チケットで駐車場を確保している人以外は、駐車場はどこか確保するか、予約をするなどの事前の対策が必要になります。

駅前のコインパーキングや、会場から離れた場所になるかもしれませんが、事前に駐車場を探しておく方が安心ですね。

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「米子がいな祭り花火2022の混雑状況は?穴場スポットや屋台や駐車場について調べてみた!」と題してお伝えしてきました。

ギネスにも認定されている「ガイナガラ」と呼ばれる1700mを超えるナイアガラの仕掛け花火や水中スターマインと言われる個性的な花火が有名な「米子がいな祭り花火」。

海に面した場所での打ち上げなので、水面に花火が反射して美しい眺めが堪能できますよ。

今年はまた以前のように、お祭りを楽しんで花火で締めくくる…そんなステキな思い出が作れると良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュースランキング

タイトルとURLをコピーしました